プラカンブログSTAFF BLOG

2018.09.20

仕事中に閲覧厳禁!米ロックバンド「OK Go」ミュージックビデオの発想力

こんにちは、SUGIYAMAです。

いつもは実務的な内容を中心に紹介していますが、今回は米ロックバンド「OK Go」、特にミュージックビデオ(以下MV)に度肝を抜かれたので、紹介したいと思います。


「OK Go」って?

1998年にアメリカシカゴで結成された4人組ロック・バンドです。メンバーはダミアン(Vo)、ティム(Ba)、ダン(Dr)、アンディ(Gt)。
音楽だけでもオススメですが、このバンドは是非ともMVとセットで聴いてもらえればと思います!


斬新すぎるMVの数々

まず、僕が初めてOKGoを知ったMVはこちら

567台ものプリンターを使い、吐き出される用紙で背景を切り替えていくとてもユニークなMVです。
メンバーの動きや曲と背景がシンクロして、何度見ても飽きません。
また、あまりにも色情報が多いため、この映像のためにYouTubeが緊急でビットレートを調整することになったらしく、画質の設定をマニュアルで1440pあるいは2160pにして視聴するよう勧めています。(ポ〇モンショックですね)ちなみに、使われた用紙はすべてリサイクルに回され、その収益は国際環境NGOグリーンピースに寄付されたそうです。


次に紹介したいのは、日本人クリエイターとOK Goとのコラボレーションで作られたMV。

森の木琴」の映像を手掛けた原野守弘さんが、同作品のファンだったOK Goのダミアン・クーラッシュとカンヌで知り合ったのがきっかけとの事。このMV で圧巻なのは、終盤のドローンから見下ろした映像。CG一切なしでしかもワンカット(一発撮り)!ワンカットということですから、終始ドローンで撮影しているわけで。。。すごいな操縦者!

また、Perfume もカメオ出演してますよ~

 

 

他のMVもどれも個性的で、見ていて飽きません。


まとめ

彼らの奇想天外な発想はとても刺激されます。自分もデザインを作るうえで様々なアイディアを生み出せるよう頑張っていけたらと思う、とてもポジティブになれるMVの数々でした。今回は載せていませんが、紹介したMVのメイキング映像もたくさんあり、この映像を作るまでいかに大変で、みんなで作り上げているか分かります。
ちなみに、「TED」で彼らの発想方法や製作プロセスなどをプレゼンテーションしています。


リンク

〇公式サイト
http://okgo.net/

〇公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/OkGo

+dc(杉)

この記事は、SUGIYAMA が書きました。