プラカンブログSTAFF BLOG

2018.12.07

XAMPPでSSL有効化する方法 前編

XAMPPでSSL有効化する方法

Google Chromeのアップデートで、SSL化されてないサイトは「保護されていません」と表示されるようになりました。
これで常時SSL化の流れが一気にきそうですね。
SSL化に伴いフルパスの記述をhttpsに修正した際、公開前に漏れがないか確認した方が安心ですが、テストサーバもHTTPSの環境でないと確認が完全とは言えません。
しかしHTTPSのテストサーバを用意できない場合もあります。
そこで今回は私がXAMPPでSSLを有効化した方法についてまとめたいと思います。長いので前後編です。
※書いてる途中で既に記憶があいまいなので、何か間違ってることがあればご指摘いただけると助かります。

目次 兼 手順

  1. XAMPPのインストール
  2. confgファイル設定方法
  3. Gitを使ったhttps証明書発行方法
  4. hosts設定方法

本題に入る前に

実際こちらを参考にさせていただきました。めちゃくちゃ助かりました。🙏🙏🙏

1. XAMPPをインストールする

まずはXAMPPをインストールします。こちらからダウンロードしてください。
XAMPPとは?という方への手順方法ですが、以下のサイトなどを参考になさってください。
(他にも「XAMPP インストール 方法」などで検索したらいろいろ出てくると思います。)

ファイルの場所については、私はCドライブ直下にインストールしたのでそれを前提として話を進めていきます。
インストールした場所によってファイルのある場所も変わりますので注意してください。

初心者向け!XAMPPの基礎知識とインストール方法

2. confファイルなどの設定方法

本当はMAMPで行いたかったんですが、途中で躓いてしまい…検索してもそもそもMAMPをWindowsで使っている人が少なく解決法が見つからなかったので断念しました。
どなたか書いてくれる人をお待ちしています!

注意!

設定ファイルは必ず戻せるようにバックアップを取ることをおすすめします。
何せ全く知識がない私は迷走しながらだったのでバックアップファイルに非常に助けられました。

httpd.confの設定

まず、C:\xampp\apache\conf\にあるhttpd.conf をエディタなどで開きます。
サーバーネームにアンダースコアを使いたい方は次のように設定してください。
文末に以下を追記します。

<IfVersion >= 2.4.25>
HttpProtocolOptions unsafe
</IfVersion>

httpd-vhosts.confの設定

バーチャルホストの設定をします。
場所は C:\xampp\apache\conf\extra\ です。
バーチャルホストが使えるように20行目にある記述からコメントアウトを外します。

##NameVirtualHost *:80

#がコメントアウトの記述なので2つ削除します。
初めから#がない場合はそのままで大丈夫です。

NameVirtualHost *:80

次にXAMPPの管理画面にもアクセスできるようにlocalhostの設定もしておきます。
※XAMPPをインストールした場所によって記述は変えてください。

<VirtualHost *:80> 
DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/"
ServerName localhost
</virtualhost>

更にhtdocsにあるフォルダ(ディレクトリ)も指定したいので追加します。
バーチャルホストは複数指定できます。
※この場合のtest(太字)部分は適宜必要なものに変えてください。

<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/test/"
ServerName www.test.co.jp
</VirtualHost>

続いて作成したいSSL環境のバーチャルホストも記述していきます。

<VirtualHost *:443>
DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/test/"
ServerName www.test.co.jp
AddType text/html .shtml .inc
AddHandler server-parsed .html
AddHandler server-parsed .shtml
AddHandler server-parsed .inc
AddHandler cgi-script .cgi .pl
SSLEngine on
SSLCertificateFile "conf/ssl.crt/testssl.crt"
SSLCertificateKeyFile "conf/ssl.key/testssl.key"
</VirtualHost>

後半につづく…!

+dc (大)

この記事は、OHMATA が書きました。