プラカンブログSTAFF BLOG

2018.02.15

マーケティング検定(3級)を受けてみた

マーケティング検定

マーケティングとは?

「マーケティング」という言葉はビジネスの世界に溢れている。多くの人が何気なくマーケティングという言葉を使っているが、その人に「マーケティングって何ですか?」と聞いてみよう。たぶんあたふたとしてしまって即答はできないのではないだろうか。おそらく10人いれば、10人の答えがある。ではあなたが聞かれたら何と答えますか?

僕にはそれがずっと分からなかったので、体系的に一度勉強してみたいと思っていた。

マーケティング検定

マーケティング検定というのを知ったのは偶然だった。雑誌を読んでいて紹介されていた。なんでもまだ始まったばかりで、今はまだ3級しかないが、来春に2級、再来春に1級が始まるらしい。だから今だと3級でも堂々としていられる。他にもマーケティング関連の検定があるのかどうかは知らないが、この3級は「内閣府認定」ということなので、なんだか箔もあるではないか。

参考書と問題集

マーケティング検定参考書と問題集

試験はいつでも受けられる。僕は年末に参考書と問題集を買って、正月休みと1月の週末を使って少しずつ勉強した。内容自体は、普段なにかしらで関わっていたり考えたりしていることもあって面白いのだが、さすがにこの歳になると、勉強的に覚えたものはすぐに忘れてしまう。

それでも問題集を中心に、赤線など引きまくって一応前日にはすべて終わった。

試験結果

もちろん合格。もし落ちていたらブログには書かない(笑)

試験はパソコンで受ける。60分で30問。昨年受けた「ウェブ解析士」と同じような感じだ。回答終了ボタンを押すと結果が出る。正解率は86.7%ということだったのだが、どの問題を間違えたのかは分からない。ほとんど合ってると思ってたんだけど、うーん。

マーケティング検定3級試験結果

感想

最近、老眼やドライアイの影響か、パソコン画面を見ているのが相当つらい(ときがある)。次は眼をちゃんと直して、そこから2級にも挑戦してみたい。今回一通り学んでみて、いままで抜け落ちていた部分や弱かった部分が補充できてよかったと思う。ただ理論はあくまで理論、現実は生きた世界なので、理論に縛られないように気をつけて仕事に活かしていきたい。

この記事は1年以上前の記事で内容が古くなっている場合があります。

木村

この記事は、KIMURA が書きました。