プラカンブログSTAFF BLOG

2017.12.06

Japan Accessibility Conference vol.1に参加してきた

東京に行くときの飛行機は絶対に羽田着じゃないと暴れるNAGATOMIです。(成田遠いよー!)

2017年の11/11(土)は a11y の表記にちなんでアクセシビリティの日ということで東京のYahooセミナールームで行われました国内最大級のアクセシビリティのカンファレンス、 Japan Accessibility Conference vol.1 に参加してきました。

2セッションが同時進行だったので私が聞けたセッションだけですが簡単に、内容&感想のまとめ記事を書こうと思います。

基調講演「 UX as Science 」

セッションひとつめは基調講演で、韓国からの特別ゲストの韓国インターネット専門家協会 Kim Jinsoo (元Yahoo! Korea CEO)氏の「 UX as Science 」。
「UXはサイエンス」という切り口で経済の中でのUXとはどういうものであるのか?というお話。
Yahoo! Koreaでのユーザテストの結果からサイトデザインを改善していった実例など、デザインとサイエンスを絡めたとても興味深い内容でした。

スライド(英語)
https://japan-a11y-conf.com/vol1/ux_as_science.pdf

あなたの価値を高めるWebアクセシビリティ

次に私が聞いたセッションは「あなたの価値を高めるWebアクセシビリティ」。
「アクセシビリティ=ユーザビリティの幅広さ」そして「アクセシビリティ=障害者・高齢者のためだけのものではない」という考えや、「Webアクセシビリティ」というものをひとつずつ紐解くように解剖していき、また実装の中でよくあるWebアクセシビリティ対応での誤解についての実例を交えてのお話。
そしてどのようにWebアクセシビリティに取り組んでいけばいいのか?という、Webアクセシビリティについていろいろと深掘りしたとてもわかりやすい内容でした。

アクセシビリティ・ガイドラインの歩き方(初心者編)

セッションの最初にでてきたアクセシビリティ・ガイドラインを読んだ誰もが思う感想……「なるほど、わからん」の言葉に会場から思わず笑い声が漏れ、そして何人もが思わず大きく頷いていました(私含む)
このセッションでは目標を「わかった気分になってもらう!」として、ガイドラインの読み方から調べ方、使う中での気をつける注意点など網羅した内容でとてもわかり易く初心者の方でも理解できたのでは無いかなと思いました。
また私にとっては忘れていたこと思い出すことあり、気づきの多きお話でした。

アクセシビリティ・ガイドラインの歩き方スライド

アクセシビリティに対する WordPress の責任について

世の中でWordPressを使ってる人は多いと思います。
もちろん弊社でも案件でWordPressはよくつかいます。
世界のトップ1千万サイトのうちWordPressの普及率は29%、CMS導入サイトでは60%だそうです。( W3 Techs
そんなWordPressではアクセシビリティチームがあるなど、WordPressのアクセシビリティに対する様々な取り組みの紹介と責任についての話。
普及率の高いWordPresのアクセシビリティが少しでも改善されると恩恵を受ける人がたくさんふえるということ。そのためにもプラグイン開発者の責任としてWordPressが誰にでも使えるものであり続けられるように、プラグインの開発者も努力しなければならないというスピーカーの三好さんの考えには、エンジニアでは無い私にもとても共感できました。
最後にユーザとしてできることとして「アクセシビリティなテーマ・プラグインを使おう。またアクセシブルでないテーマ・プラグインは作者に改善を要望する」と話されたのを聞いて私にもできそうなので、これからやっていこうと思いました。

メディア事業でのアクセシビリティ展開事例・CAではこうやってます

「クレームをつくる」というとネガティブな話のようですが、(←サービスを使う上で不都合などがあればユーザさんに「★1でいいのでレビューを書いてください」とサービスの中の人がお願いするそうです。すごい良いこと!)そうすると「サービスの開発者に問題に気づいてもらえる状態になる」など、CAさんの社内で実践されてるいろいろな実例を交えたお話やCAさんのエンジニアやデザイナーのスタッフへのアクセシビリティへの意識への持って行き方、社内での勉強会の実施方法(継続方法)など内容満載の濃いお話を聞いて、私にも個人レベルでできそうなことがあったり、こうしたらいいのでは?など気づきをいただくことができたありがたい内容でした。

最後にセッション資料など

私も聞けなかったセッションのスライドや当日の様子が動画になっています。とっても勉強になると思うので見てみてください。

他のセッションのスライドはイベントのまとめページへ

動画配信

[Room A] Japan Accessibility Conference vol.1

[Room B] Japan Accessibility Conference vol.1

この記事は1年以上前の記事で内容が古くなっている場合があります。

+dc(な)

この記事は、NAGATOMI が書きました。