プラカンブログSTAFF BLOG

2018.03.05

WordPressのメディアを管理したい!「Media Library Assistant」を使ってみた

最近めっきり寒くなってきて床暖をつけるかどうか、毎日自分と戦っているNAGATOMIです。

WordPressをずっと使うにつれてアップロードしたメディア(画像、音声、動画)データが大量になると、いざ前にアップロードして使ったあの画像をもう一度使いたい!って場合に「さて?あの画像データはどこにあるのよ?」ってことなって、
「ああああ、WordPressのメディアって不便だなぁ」って思ったことはありませんか?(私はたまにあります……イヤたまにじゃないかも

そこで、メディアデータを管理する何かいい方法は無いかと、プラグインを探して「Media Library Assistant」というプラグインを見つけたので、このプラグインの機能や使い方について書いてみようと思います。

「Media Library Assistant」について

この「Media Library Assistant」は、WordPressのメディアライブラリーにアップロードされたデータ(画像、音声、動画)にカテゴリーもしくはタグなど、カテゴライズ機能を追加し、またAssistantと呼ばれるページでカテゴリー名やタグ名、またメディアを登録する時につけたタイトルや名前、ALTやCaption、ディスクリプションで検索や管理することできるようになるプラグインです。

また、カテゴリー・タグの追加は新規追加にはもちろん、過去にアップロードしたデータにもつけることができます。

プラグインをインストール

ダッシュボードの左メニュー「プラグイン」>「新規追加」(ピンクの枠の部分)

プラグイン名「Media Library Assistant」を検索して、インストール後、プラグインを【有効化】します。

「Media Library Assistant」を使ってみる

プラグインをインストール→有効化するとメニューのメディアの中にCategory、Tag、Assistantという3つの項目が追加されました。

Att.Category、Att.Tagページについて

追加されたCategory、Tagのメニューからは、ダッシュボードの投稿で使うカテゴリー、タグの登録ページと同じように名前、スラッグ、そしてカテゴリーの場合は親のカテゴリーを、タグの場合はメタキーワードやメタディスクリプションを新規追加登録・管理することができるようになります。

(例)Att.Categoryのページ

Assistantページについて

そして最後にAssistantページではメディアに登録されてるメディアの情報を使って簡単に管理することができます。

各メディアに登録されてる日付、カテゴリー、タグで一覧表示をフィルタリングしたり、登録されているタイトル、名前、ALTやキャプション、ディスクリプションを使って簡単に検索表示させることができるようになります。

Assistantページ

まとめ

この「Media Library Assistant」プラグインで、つい煩雑になってしまうWordPressのメディアデータの登録情報で簡単に管理することができるようになりますが、場合によってはアップロード先のフォルダを分けて管理したいというときもあるかと思います。
そんな時には「Media File Manager」 というプラグインがあります。
このプラグインは視覚的に、簡単にメディアの管理ができるようになるプラグインになります。
とても便利なプラグインなので使い方についてはまた次の機会にでもブログにしたいと思います♪

この記事は1年以上前の記事で内容が古くなっている場合があります。

+dc(な)

この記事は、NAGATOMI が書きました。