プラカンブログSTAFF BLOG

2017.11.21

古いmacを最新OS High Sierraにアップグレードしよう

もう3年以上スマホはAndroidを愛用していますが、最近ちょっと、そろそろiPhoneに戻ろうかなと考えているこの頃です。

最近iPhone8とXが同時発表されAppleWatch3なども含め新製品もいろいろ話題になっています。Macの方もハードウェアは出ませんでしたが、OSはメジャーアップグレードされました。

macOS High Sierra(10.13)
https://www.apple.com/jp/macos/high-sierra/

ただ、私の家の旗艦パソコンはMac mini (Mid 2011)。気がつくと5年以上も経っている古いモデルですが、今回はそのMac OSのアップグレードに挑戦してみました。

MacOSの移り変わり

インターネットを見るだけのビュワーとしてなら、スマホやipadで十分使えるため、最近自宅のPCはあまり使わなくなった方も多いのではないでしょうか。
私も仕事は会社のSurface(Windows PC)だし、写真の管理と音楽を入れる、年末に慌てて年賀状を作る・・くらいで、家でPCを起動することは昔よりかなり少なくなってきています。

家のMacのOSは10.7.5でアップデートはストップ。OS X Lionというバージョンで、その先に上がろうとしたらOS X Mountain Lion(10.8)というのを別途ディスクで購入しないといけないため、そろそろ上げないとなぁと思いつつ、今まで特に不便もなくそのまま快適に使っております。

Mac OS X(テン)とは、アップル社を追放されたスティーブ・ジョブズが戻ってきた後に、その前にジョブズが立ち上げたNeXT社のOSをベースに、今までのOS9までの流れとは全く違うものとして2001年に新たに作り直して登場したオペレーティングシステムです。

気がつくと、MacOSのバージョンも、LionLeopardTigerPantherなどの猛獣シリーズのネーミング(一時はミリタリーシリーズとも言われていた)から、ネタ切れになったのか、2013年に発表されたOS 10.9からはアメリカの地名シリーズに変更されています。

OS X Mavericks(10.9) ←カリフォルニアのサーフィン場
 
OS X Yosemite(10.10) ←ヨセミテ国立公園
 
OS X El Capitan(10.11) ←そのヨセミテ国立公園にある一枚岩
 
macOS Sierra(10.12) ←カリフォルニアにある山脈
 
macOS High Sierra(10.13) これが2017の最新版、Highが付くとどう違うかは不明

Sierraからは、ついにX(テン)という名称もなくなって、昔のmacOSにシレッと戻っているんですね。
このOS X Mavericks(10.9)から、アイコンやインターフェイスもiPhoneと同じフラットデザインになり、デスクトップの見た目がかなりモダンに変わっています。

古いハードウェアに最新OSのインストールは大変

アップルでは、製造中止から5年以上経つとビンテージ製品、7年以上だとオブソリート製品扱いとなりもう相手にしてくれないそうです。
スマホは大体2年ごとに買い換えるのに、PCってなかなか出来ませんよね。まあ、メーカーとしては3年くらいで買い替えて下さいということなんでしょう。

ビンテージ製品とオブソリート製品
https://support.apple.com/ja-jp/HT201624

家のMac mini (Mid 2011)もすでに6年落ちで、
最近、長年使っていたプリンタのCanon PIXUSが壊れまして買い替えを余儀なくされたのですが、購入した新型プリンタが、なんとドライバが未対応で使えませんでした。
Windowsはまだ数が多いのかセカンド機のWindows 7でもドライバがあってすぐ使えたですが、ユーザー数の少ないMacは早めに切り捨てられたようです。

あと、追い打ちをかけるように、家のipadを新しいiOSに上げると、MacのOS(こっちが古るすぎ)との互換性がなく同期出来なくなりました。

これはもうついに、パソコンも買い替え時か・・と思っていたら、まだMac mini (Mid 2011)は、OSのアップグレード対象にギリギリ引っ掛っているではないですか。

macOS High Sierra をダウンロードする方法
https://support.apple.com/ja-jp/HT201475

今のOSはディスクではなく、オンラインでAppStoreから直接ダンロードしてインストールできるようになっています。
が、ダウンロード出来ません・・・。

なぜでしょう??

なんと、アップグレードするにはOSにも条件があるではないですか。

いづれかのバージョンの macOSが必要です。

OS X Mountain Lionということは、10.8から? 私のmacOSは10.7.5なので、ハードウェアはOKだがソフトのOSが未対応でダメ・・・。
ということは、昔のOSを買って1段上げてからでないと最新にはアップグレード出来ない?

困って、いろいろと方法を探していると、

・・ありました。

ご利用の Mac が High Sierra の条件を満たしていない場合、El Capitan にならアップグレードできる可能性があります。

OS X El Capitan をダウンロードする方法
https://support.apple.com/ja-jp/HT206886

2つ前のOSを救済措置としてダウンロードできるように裏口からそっと残してあるではないですか。

一旦、写真などファイルのバックアップを取った後に、時間はかかったものの無事、OS X El Capitan(10.11)までアップグレードは完了。ご飯食べてお風呂に入るくらいの時間はたっぷりかかりますので、余裕を持って行いましょう。

これで、プリンタも使えるし、ipadとの同期も可能になり、10年分ほどある写真も以前のiPhotoだとモッサリしていたのが、新しい写真アプリのphotosで前より速く動くようになったようです。
飛び級でアップグレードしたので、見た目もかなり変わってて新機能も満載。最近はwindows10に慣れきった意識をちょっとmacにも向けないといけませんね。

もっと古いOS 10.5 Leopardからアップグレードしたい人は、OSをダウンローするためにAppStoreへのアクセスが必要になるので、Mac OS X 10.6 Snow Leopardのディスクを購入してからのインストールになるようです。

Mac OS X 10.6 Snow Leopardを購入
https://www.apple.com/jp/shop/product/MC573J/A/mac-os-x-10.6-snow-leopard

この段階からですと、さすがにもうハードウェアを買い替えたほうがいいと思います。

いかがでしたか?

本当はここから更に、macOS High Sierra(10.13)をダウンロードして2段階でアップグレードすることになる訳ですが、よく考えると、このOSの最新機能として、内蔵ストレージのSSDの高速化フォーマットの採用やVRコンテンツの対応など、今すぐ特には必要ない機能であったり、Adobe CS6が公式には非対応らしい(裏ワザがある)など、既存ソフトの互換性のデメリットもありそうなので、今回、私はここまでで止めておくことにしました。

私がアップグレードした2つ前のOS X El Capitan(10.11)だと、2008年くらいのMac製品までをカバーしているようで、
8~9年前の古いMacまでなら、OSのアップグレードで(しかも無料)、切り捨てずにもう少し延命できると思いますので、お持ちの方は諦めずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事は1年以上前の記事で内容が古くなっている場合があります。

+dc (吉)

この記事は、YOSHIKANE が書きました。