プラカンブログSTAFF BLOG

2020.03.24

Local by Flywheel でローカル環境を作ってみた

普段は MAMP を使って WordPress の開発環境を作っているのですが、タイトルの Local by Flywheel が使いやすいと教えてもらっていてずーっと気になっていたのでインストールしてみたので手順を忘れないようにメモして置こうと思います。

Local by Flywheel インストール

まずはアプリケーションを入手します


Local by Flywheel のサイトにいって【 FREE DOWNLOAD! 】をクリックします。

そうするとモーダルウインドウが表示されます。
ウインドウ上の「 Please choose your platform 」のプルダウンのメニューを開き、「 Mac 」 か「 Windows 」のどちらかを選択します。あと入力必須項目の「メールアドレス」と「 Number of websites  ( サイト数 )」を入力し【 GET IT NOW! 】をクリックしてダウンロードします。

Local by Flywheel をインストールします

ダウンロードが完了したらファイルを解凍し、インストーラーを起動します。
「 Welcome to Local by Flywheel 」と表示がでて【 LET’S GO! 】をクリックするとインストールが始まります。

この画面が表示されたらインストール完了です!

サイトを作成してみる

インストール完了画面に【 CREATE A NEWS SITE 】とボタンがあるのでクリックして新しいサイトを作ります。

「 What’s your site’s name? 」と出たらサイト名をつけます。
今回は『 sample site 』という名前を入力して【 CONTINUE 】クリックします。

次に「 Choose your environment (環境を選択してください) 」と出たら特にカスタマイズする必要がないなら『 Preferred 』を選んで【 CONTINUE 】クリック。

「 Setup WordPress 」のページがでたらWordPressで使用するアカウントのIDとパスワードを入力して【 ADD SITE 】のボタンをクリックします。

するとWordPressがインストールされ、データベース自動で作られてWordPressサイトがひとつ立ち上がりました!(すごい!)

Local by Flywheel で作ったローカル環境のWordPressサイトの概要ページです。
インストールされたWordPressのバージョンやPHPのバージョンなどが表示されました。

右上の【 ADMIN 】ボタンをクリックするとWordPressのダッシュボード(ログインしてないときはログインページ)へ移動できます。また【 VIEW SITE 】ボタンをクリックするとWordPressのサイト画面へと移動します。

上で作成したWordPressサイト [ sample site ]

インストールまでしてみた感想

インストーラが起動してからWordPressのサイトが立ち上がるまでの手軽さにはとても驚きました。普段しているデータベースを作ったり、WordPressをインストールする作業も不要で本当に簡単だったので、初めてローカル環境にWordPressサイトの動く環境を作ろうと思う人はぜひこの Local by Flywheel から始めてみることをおすすめしたいと思いました。

+dc(な)

この記事は、NAGATOMI が書きました。