プラカンブログSTAFF BLOG

2018.11.06

WordCamp Tokyo 2018 に参加してきました

今年も2018年9月14日(金)と15日(土)の2日間にわたり、ベルサール新宿グランド 5F コンファレンスセンターで開催された「WordCamp Tokyo 2018」に参加してきました!


いつもだとセッションデイのあとにコントリビューターデイがあるんですが
今年は平日の9月14日(金)にコントリビューターデイがおこなわれ、その次の日の9月15日(土)にセッションデイがおこなわれました。
コントリビューターデイが金曜日の平日ということで参加するかかなり迷ったのですが、今回関西から一緒に参加するメンバーの多くが9月14日(金)から参加するということで、私も普段からお世話になっているWordPressへの恩返しの気持ちでコントリビューターデイから参加することにしました。
(平日にお休みをして参加させてくれたプラカンのみんなにも感謝♪)


9月14日(金)の朝、7時半の伊丹発の飛行機で東京に。
飛行機の離陸が遅れたり、東京に着いてからのバスが遅れたりして少し遅刻はしたけれど、何とか会場にたどり着きました。


WCT 2018 1日目:コントリビューターデイ


コントリビューターデイではテーマやプラグインの作成や翻訳、WordPressのコアのバグを修正したり、簡単なところではWordPressを使ってブログを書くとなど、いくつかのチームに分かれて実際に作業をおこないます。

私は今回は【コミュニティチーム】に入って、地域のWordPress勉強会の運営に使うハンドブックと呼ばれる英語のドキュメントをグーグル翻訳を駆使して日本語に翻訳するお手伝いをしてきました。


WCT 2018 2日目:セッションデイ


そして、9月15日(土)のセッションデイは途中で休憩をはさみつつ、朝から合計4つのセッションに参加してきました。


まずは【テーマレビューの現場から見た、抑えておくべきテーマ制作のセオリーと基礎知識】を聞いてきました。
テーマ制作で抑えておくべき基本的な内容で実際にテーマを作成するときに気をつけないといけないセキュリティのことや、テーマ制作に知っておくべきセキュリティやライセンスの基本、メンテナンスのしやすい作り方、またWordPressで使われているライセンスの基本などを聞くことができました。
→ セッションスライド


次に聞いたセッションは【より便利に、効率よく ! WordPress 次期エディター「Gutenberg」の基本的な操作を知って、今日から使い始めよう】
時期バージョンのWordPress 5.0から搭載される新エディタの「Gutenberg」。
今回のWCT2018に参加した大きな目的はこの「Gutenberg」の情報を聞くことだったので、今回の一番目当てのセッションでした。
従来のエディタと大きく変わった操作性に便利そうだなって感じるところもありつつ、細かい不具合(仕様?)があるみたいでその辺の情報を共有してもらえたり、とても有意義なセッションでした。
→ セッションスライド


その後は【事例から見る、アクセシブルな WordPress サイトの運用現場の実際】に参加しました。
ウェブアクセシビリティの基本的な内容とWordPressのアクセシビリティチェックプラグイン「jwp-a11y」の使い方のお話で、上記のプラグインはまだ使ったことがないので、案件にかかわらず一度使ってみたいと思いました。
→ セッションスライド


そして最後は【サーバー各社が勢揃い!ホスティングの立場からの WordPress への貢献と協力】というパネルディスカッション形式のセッションを聞きました。
WordPressコミュニティの人がモデレーターとなり、ホスティング会社3社の中の人とがWordPressに関するお題でディスカッション。
「サイトを安全に運用するためにはWordPressのバージョンは最新アップデートしてほしい」など
ホスティング会社各社からのユーザに対してのお願いや、PHPのバージョンアップについての各社状況など、いろいろな具体的なお話があったりかなり興味深い内容を聞くことができました。
→ セッションスライド


最後に・・・


コントリビューターデイ、セッションデイの両日とも一日バタバタしてしまい、気がつくと全然写真を撮れていなくてテキストだけのなんとも殺風景な行ってきました報告になってしまって…反省です。

今年のWordCamp Tokyoでは「Gutenberg」に関するなにか情報を得られるといいなと参加したのですが、案の定セッション会場はどこも満員でみんなの関心の高さを伺うことができました。
まだまだ「Gutenberg」という新しいエディタに変わるという情報自体を知らない人も多い中、一足先にいろいろな情報を得ることができたて参加してよかった思いました。
来年もまたWordCamp Tokyo がおこなわれるならやっぱり参加したいと思うくらい知見も得られたし、顔見知りの人たちとも久しぶりに会えたので、とても楽しい時間になりました。
WCT2018スタッフのみなさま本当にお疲れさまでした。

私が参加したセッション以外のスライドのまとめはこちら

+dc(な)

この記事は、NAGATOMI が書きました。