プラカンブログSTAFF BLOG

2018.11.13

Movable Typeのソフトウェア版をローカルのXAMPPにインストールする方法

こんにちは関です。
今回のブログはMovable TypeをローカルのXAMPPにインストールする方法について書きます。

Movable Typeとは

Movable Type(ムーバブル・タイプ)とはシックス・アパートが開発しているCMSです。

公式サイトはこちら
https://www.sixapart.jp/movabletype/

システム要件

  • Webサーバー:Apache、nginx
  • 開発言語:Perl 5.8.1 以上
  • データベース:MySQL 5.0 以上

詳しい必要な環境は下記をご覧ください。
https://www.movabletype.jp/documentation/system_requirements.html

XAMPPにインストールする

公式サイトからソースコードをダウンロードします。

仕事で使う場合はトライアルライセンスであれば、1カ月間の試用ができます。

登録が必要で、指定したメールアドレスにダウンロード用URLが届きます。
https://www.sixapart.jp/inquiry/movabletype/trial.html

解凍したファイルをドキュメントルートに置く

解凍したファイルをドキュメントルートに置きます。
XAMPPをCドライブ直下にインストールした場合は C:\xampp\htdocs に置きます。
バーチャルホストを設定した方は任意の場所に置いてください。

phpMyAdminでデーターベースを作る

http://localhost/phpmyadmin/ にアクセスしてデーターベースを作ります。
ここではデーターベース名を「movabletype」、照合順序を「utf8_general_ci」にします。

Movable TypeのCGIを動かす方法

Movable TypeのCGIファイルにあるPerlのパスは
「#!/usr/bin/perl -w」
となっています。

XAMPPでPerlを動かすには
「#! C:/xampp/perl/bin/perl -w」
に書き換える必要があります。

ただ、アップするサーバとPerlのパスが異なるのは、
管理上、面倒なことになるかもしれません。

そこで「ActivePerl」をインストールすれば、Perlのパスを書き換えずにCGIを動かすことができます。

ActivePerl
https://www.activestate.com/activeperl

ActivePerlのインストール方法

https://www.activestate.com/activeperlにアクセスします。

「Download Now」をクリック。

最新版をダウンロードします。
ダウンロードしたら、exeファイルをダブルクリックでインストールが始まります。

「Next」をクリックします。

ライセンスに同意であれば「I accept the in the License Agreement」を選択し、
「Next」をクリックします。

「Typical」、「Custom」、「Complete」とありますが、一番上の「Typical」を選択します。

上2つにチェックが入ってますが、
1番目の「Add perl to the PATH environment variable」はPerlのパスを環境変数パスに追加します。
2番目の「Create perl file extension association」は「.pl」に関連付けをします。

「Install」をクリックするとインストール開始されます。

インストールが完了しました。

Movable Typeのインストールを進めます

http://localhost にアクセスするとインストール画面が出ます。

「Movable Type にサインイン」をクリックします。

言語を選択します。

「必要なPerlモジュールは揃っています。」とあれば問題ありません。
「次へ」をクリックします。

データーベースの設定です。「MySQLデータベース(推奨)」を選択します。

先程、phpMyAdminで作成したデーターベースの情報を入れます。

データベースサーバ:「localhost」
データベース名:「movabletype」
ユーザー名:「root」

「接続テスト」をクリックします。

接続に問題がなければ、「データベースの設定を完了しました。」と出ます。

「次へ」をクリック。

メールアドレスを入力します。

一時ファイルの生成に使用するディレクトリを指定します。
こだわりが無ければ「次へ」をクリックします。

設定が完了した旨が出ます。

アカウントを作成します。

サイトの設定をします。
「ウェブサイト名」は任意のサイト名を入れて下さい。
あとは自動的に入力されてますが、問題なければ「インストール」をクリックします。

インストールが完了した旨がでます。
「Movable Typeにサインイン」をクリックすると管理画面に進みます。

管理画面に入れました。

以上がXAMPPにMovable Typeをインストールする方法でした。

seki

この記事は、SEKI が書きました。