プラカンブログSTAFF BLOG

2015.07.07

Googleアナリティクスで、外部リンクやPDFリンク・送信ボタンなどのクリック数を「イベント」として計測する方法

Googleアナリティクスでトラッキングコードを取得する方法

こんにちは、雨対策で購入したレインブーツの靴ズレで悩んでいる(ひ)です。

WEBのアクセス解析が一般的になってきている中、無料のGoogleアナリティクスを導入しているWEBサイトは多いのではないでしょうか?
そんな中、通常のページとは違い、外部リンクやPDFリンク・送信ボタン・モーダルウインドウなど、トラッキングコードを実装できないページへのクリック数を計測したい場面が出てきます。

今回はそんなページビューが取得できない内容を、クリックなどのイベントとして、超簡単に取得する方法を紹介いたします。

※前提条件としてユニバーサルアナリティクス用のタグを埋め込んでいる状態でのご説明となります。

手軽にクリック数を計測する「イベントトラッキング」という方法があります。

Googleアナリティクスで一般的な「どのページが閲覧されたか」を計測する「ページビュー」ではなく、「クリック」などのアクションを「イベント」としてカウントする計測方法です。

この方法で、前述した外部リンクやPDFリンク・モーダルウインドウだけではなく、「1ページ内に複数ある同ページへのリンクボタン」のうち「どちらのボタンがよりクリックされているか?」などの状況把握をして、ページのレイアウトやボタンのデザインや配置などを改善するための判断材料にすることもできます!

とても簡単なイベントトラッキングの実装方法

簡単

実装はとても簡単です!

ソースコード上で、計測したいリンクのaタグ内に、以下に記載する「onclickタグ」を記述するだけです。

※ユニバーサルアナリティクスの場合の具体例

サンプルページへ飛びます

onclick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘カテゴリ‘, ‘アクション‘, ‘ラベル‘,);”

パラメータの説明

  • ga(‘send’,’event’」までは固定的に記述する
  • カテゴリ(必須)」:計測する対象、例)link,pdf
  • アクション(必須)」:計測したいアクション 例)click, download
  • ラベル(省略可)(日本語可)」:アナリティクス画面上に表示する名前
    例)お問い合わせ(上部) 同じリンク先がある場合は、区別できる名前に
  • (省略可)」:指標にする数値
    例)1クリック=10円とカウントしたいときは、10を指定

アナリティクス管理画面上での、イベントの確認方法

ga1

アナリティクス画面にログインして、左のナビゲーションの

行動 > イベント > サマリー
を順番にクリックすると右側に現れる「イベント ラベル」をクリックすると、実装時に入れた「ラベル」が日本語で表示される

さらに「レポート全体を見る」をクリックするとそれぞれの詳細を確認できます。

ga2

これでイベントの数を取得する事ができました!
このような数字を、WEBサイトの改善にうまく利用して頂ければ幸いです。

この記事は、HISADA が書きました。