プラカンブログSTAFF BLOG

2015.07.06

私がiPhoneをやめた理由

rika

5月からプラスデザインカンパニーの一員になりました、(吉)です。

社会人で携帯電話を持っていない人はほぼいない世の中になりましたが、今だにガラケーを主義だからとか、こだわりとかで頑固に使い続けている人もそろそろ買い換える選択幅がなくなってきた昨今です。それだけスマートフォンが浸透したんですね。

私は、2009年に日本でiPhone 3GSが発売されてからスマートフォンに飛びつき、iPhone 3GS → 4S → 5S → 6とズーッとiPhone一筋だったのですが、今年に入って初めてAndroidユーザーになりました。

iPhone6がちょっと持ちにくかったというのが、きっかけではあるのですが、なんとなくiPhoneユーザーであることが、ちょっといやになってきたというのが正直なところなのです。

それにはいくつか理由がありまして、

まず、気がつけば日本はiPhoneだらけ

▼存在感薄い国産スマホ、総撤退の危機 iPhoneだらけの日本はいま
http://www.sankeibiz.jp/business/news/150506/bsj1505060500002-n1.htm

日本のiPhoneシェアはなんとほぼ60%だそうです!
通勤電車の中とかで、多くの人が暇つぶしにスマートフォンをいじっているのが日常風景になっていますが、ほとんどがiPhoneでLINEしてるかパズドラっぽいゲームしてるかです。
たまにPSPとかDSでゲームしてる強者がいるものの、これだけiPhoneだらけだとちょっと持つのが嫌になってきます。なんでも特に女子学生はほとんどがiPhoneなのだそうで、その理由はみんなが持っているということと、ケースがいろいろあって楽しいからだそうです。

▼JKは圧倒的にiPhone好き「Android使うのは恥ずかしい」
http://www.j-cast.com/2015/05/31236132.html

ケースにバラエティがあるのはいいことですが、なんとも贅沢な話です。通信費は当然親持ちでしょう、実は私も子供の分を払っています。

iphone2

最近のAppleに魅力を感じなくなってきた

私は昔からAppleというかMacユーザーです。今まで買ってきたApple製品は数知れず。スティーブ・ジョブズが「One more thing」といって出してきたものには後先考えずにポチッとしてしまい、確か25万円もする初代Mac Book Airなんかも速攻で買ったこともあります。
グラフィックデザインを職業にしている方は、ほぼ昔からMacを仕事のツールとして使っていると思いますが、私も20年以上前からずっとパソコンといえばMacだったのです。

以前は映画スター・ウォーズに例えて、ビル・ゲイツ率いるMicrosoftを帝国軍、スティーブ・ジョブズ率いるAppleをジェダイ反乱軍と言われてたのに、今や世界一の時価総額となったティム・クックAppleは逆に帝国軍と化して下請けサプライヤーに圧力を掛ける嫌われものになっているのです。

▼総額100億円アップル社を訴えた 日本の中小企業島野製作所
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41036

▼GTアドバンスト倒産でアップルとサプライヤーの関係が表沙汰に
http://www.gizmodo.jp/2014/11/gt_3.html

Apple=マイノリティ・イノベーターなところがきっと良かったのだと思います。なので、最近Appleに魅力を感じなくなったのはそうゆうところなのかもしれません。

MVNO(格安SIM)に興味があった

皆さんは、毎月のケータイ料金にいくら払っていますか?大体スマホだとパケット定額が必須で、ガラケー時代より5000円程度は上乗せして払わないといけないので、端末代にもよりますが、安い人で7000円から1万円以上の人もいるのではないでしょうか?これは実は非常に高い料金だと思います。

日本の通信会社は、最近ようやくSIMロック解除とか言われていますが、まだまだキャリアごとに囲い込まれて端末の費用を実質無料などのギミックに乗せられて高い通信料を払わされているのが実態だと思います。あれだけ街中にdocomo,auショップがあって維持できるなんておかしいと思いませんか?

数年前から、MVNO(仮想移動体通信事業者)というキャリア(主にNTT)から通信インフラを借受けて安くサービスを提供する会社が出てきています。
データ量やサービスなどでいろいろと制限はあるものの、なんといってもその値段の安さは魅力的です。

▼スマホ料金を安く抑えられる“格安SIM”で話題の「MVNO」ってどんなもの?
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1406/30/news051.html

MVNOをうまく使えば、毎月のケータイ料金は劇的に安くなることに、気付き始めた人から乗り換えが始まっているのです。

代表的なMVNO

・Bmobile:VAIO Phoneの登場で話題に
http://www.bmobile.ne.jp/

・AEONがケータイ売るなんて
http://www.aeonretail.jp/campaign/newcom/smartphone.html

・IIJmio:インターネットの老舗企業
https://www.iijmio.jp/

・mineo:au回線を使う少数派MVNO
http://mineo.jp/

・楽天も参入
http://mobile.rakuten.co.jp/

私は繋がりやすいさで定評があったIIJmioの5GBプランにしましたが、今のところ快適に過ごしています。月額料金はかなり通話をしても月2,000円台で収まります。
職場や自宅にwi-fi環境があるなら5GBってなかなか使いきらないデータ量なんです。

最後に、SIMフリーiPhoneが高い

それでも実はiPhoneが使いやすかったりするのです。Androidも当初はダメダメでしたが、最近はスペックも上がり非常にサクサク動いていい感じになりました。
細かなところ、例えばアイコンのデザインや、画面スクロールをした際の動きだったり多くの点で、やっぱり使い比べるとiPhoneは良く出来ているなとあらためて思います。
しかし、それにしてもSIMフリーのiPhoneは高すぎます。

▼iPhone6が、86,800円!しかも16GBしかない
http://store.apple.com/jp/iphone

同じ程度のAndroidスマホだと、半額以下まで下がります。裏を返せばそれだけAppleが利益率が良く、相当儲けているということなんですね。
将来、もう少しリーズナブルな端末が出たり、中古5SのSIMフリーが安く手に入ったら、差し替えるだけで使えるのも魅力ですが、ヤフオクでも高値らしく当面値は下がらいでしょう。
Android機種は、いろいろ端末を見比べてASUSのZenfoneにしましたが、32GBで約3万円で購入、スペックも高性能で結構満足しています。

android2

いかがでしたか?
Apple儲け過ぎじゃない?日本の高いケータイ料金っておかしいんじゃない?って感じたら、機種・ケータイキャリアを見なおしてみるのもいいのではないかと思います。

この記事は、YOSHIKANE が書きました。