プラカンブログSTAFF BLOG

2017.10.30

ジムに通い始めて1ヶ月が経った話。

半袖Tシャツを着ていると肌寒く感じる気候になってきたことに一抹の寂しさを感じています。どうも、プラカンのなかいです。

季節は秋。

秋といえば、みなさん何を思い浮かべますでしょうか。

芸術・・・読書・・・食欲・・・

はい。私も思い浮かべると思えば以上のことを思い浮かべます。通年ならば。

しかし今年は散々無視し続けているものに目を向けなければならないと考えました。

それは“運動”です。そうです、季節は運動の秋です。

正直情けない話、ここ5~6年で体重が15キロぐらい増えました。結構やばいです。そうです、プラカンに入社して平均年齢は下げましたが平均体重を上げてしまいました。

なぜここまで太ってしまったのか。

思い当たる節は色々ありますが、とにかく運動する習慣を付けたい。いや、習慣とまでいかなくても運動するキッカケが欲しい。ダイエットしたい。

思い立った僕は、意を決して近所のジムの秋のキャンペーンにあやかり、ジムに通うことにしました。

 

そして面倒くさい入会手続きを終え、いざっ!

・・・って何すりゃいいんだ?

初日から戸惑ってしまい、なにをしていいのかわかりません。ジムのお兄さん早速相談したところ、とりあえず身体測定してみましょうと言われました。

そしてその結果が以下です。

総合評価のスコアですが69でギリギリ運動不足という中途半端な結果です。70~が標準です。(この数字を覚えておいてください)

「妖怪1足りない」がここでも発生してしまいました。筋肉が全然ありません。あと基礎代謝が平均よりかなり低い。改めて、自分の体型のヤバさに気づきました。

とりあえず基礎代謝がないので

  • 有酸素運動を行うこと。
  • 筋トレをはじめること。

をアドバイスいただきました。

まずはランニングマシン。

人生初のランニングマシンです。自ずとテンションが上がります。10分ぐらいとりあえず走ってみましたが、ヘトヘトになりました。10分走るのがここまで辛いとは。。。

次は、筋トレマシン。

この手のマシンはオモリを自分で決めてトレーニングします。そして大体のマシンには初心者目標として男女それぞれ「最初はこのオモリを使ってみましょう」とオモリに色違いでマークが付いているのですが、

なんと男性初心者目標のオモリだと普通に持ち上がらなかったのです!!!(衝撃の事実)

 

隣のマシンではお姉さんが自分より重いオモリで悠々とトレーニングしています。

 

自分の体力のなさに驚きを禁じ得ません。

しょうがないので女性目標でとりあえず頑張ることにしました。色々他のマシンもやりましたが、全部しんどかったです

 

果たして自分は続けていくことが出来るのか・・・

どうせすぐ行かなくなってしまうのではないか・・・

 

しかし。

自分がそう考えることを事前に予測して、家から一番近いところにしたのでした。(過去の自分ナイス)

つまり、もうやるしか無いのです。

 

それからというものできるだけ毎日、仕事終わりや土日行ける限り行くように努めました。

ランニングマシンで最低30分は走り、筋トレのマシンを数個こなし、段々とオモリも持ち上がるようになってきました。

ラ●ザップばりの変化とかそこまで贅沢言わないので標準ぐらいの体型したい。そんなことを考えながらトレーニングしている僕の頭のなかでは映画ロッキーのテーマソングが鳴り響いています。

 

なんというか、ジムに行くとみんなやる気がスゴイんです。

果たして彼らは誰と戦っているのか??? 何のために戦っているのか???

そう、言わずもがな自分と戦っているのです。

そして自分アイデンティティを守り、高めていくために日々トレーニングをしています。なんかかっこいい。

ダイエット目的の中年のおじさんも

ボディービルダーのムキムキなお兄さんも

目的は違えど、皆が自分自身と戦っています。

そんな環境に入ったことで自分もやらなくてはという気持ちになってきました。

 

そして、一ヶ月経ちました。

いままで一ヶ月自分なりにはランニング・筋トレ頑張ったつもりです。

食事にも気を付けました。夜ご飯は米を食べることを辞め、野菜とサラダチキンを主食にしました。

今一度測定し、自分が一ヶ月頑張った成果を確認してやろうではないか。

高まる気持ちを胸に秘め、いよいよ僕は「測定お願いします」とスタッフさんに申し入れました。

 

あれ?????

あまり、いやほとんど変わっていない?????

いやっ、待て・・・

 

「標準」の男として生まれ変わりました。(大勝利)

 

+dc(中)

この記事は、NAKAI が書きました。