プラカンブログSTAFF BLOG

2015.06.18

初心者でも大丈夫?触ったり切ったりできる「刀剣おさわり会」に行ってきた

アイキャッチ画像

秋山小兵衛が大好きな(大)です。

「こいつ…ぶった斬りたい…!」
そう思ったことはありませんか?
ちなみに私は      (心のキレイな人だけに見える文字になっています)

某刀のゲームの流行からか日本刀女子というのが増えているそうです。
ゲーム好きな私も手を出し色々と集めている最中ですが、このゲームをきっかけに実際の刀に興味を持つ方も増えたようで全国各地で特別展示が行われたりしています。
私も東京国立博物館と京都文化博物館には確実に行きたいと思っています。

とはいえ、日本刀に関する知識はほとんどなく、ゲームより鬼平犯科帳や剣客商売といった時代劇のイメージしかない私。
一度は真剣を持ってみたいなーでも買うにはお高いし触らせてくれるところなんて…と思っていた時にネットで見つけました。
大阪で日本刀の勉強が出来て更には試斬体験も出来る「刀剣おさわり会」なるものを…!

刀剣おさわり会とは

勇進堂さんで開催される「刀剣おさわり会」は実際に働かれている刀屋娘さんがご友人の方と話をしてできた企画だそうです。
開催されるまでの経緯はTogetterでまとめられています。
私はこの段階で知ったのですが、藁が切れるとのことでワクワクして受付開始を待っていました。
運良く第一回目のおさわり会の予約が取れたので、おさわりしてきましたよ!
※写真は動画をキャプチャしたものもあり、若干乱れがあるものもあります。

当日の様子

勇進堂さんは京橋中央商店街を抜けてまっすぐ行ったところにあります。

京橋中央商店街
こちらは京橋中央商店街。

住宅街を通り、刀の文字が見えたら到着です。
勇進堂さん外見

勇進堂看板
道場の文字に若干身構えてしまう。

ドキドキしつつ中に入ると刀屋娘さんがあたたかく迎えてくれました。
道場なので、中には刀が沢山置いてあります。槍は長いので天井の方にありました。
今回おさわり出来るのは加州清光。
おさわり会は以下の3本立てで行われます。

  • 座学
  • 質問タイム
  • 試斬

まずは座学

刀剣の教科書
教科書が配られました。教えてくださるのは河田晃彦先生。
中は「日本刀の歴史」「日本刀の作り方」「日本刀の分類」「日本刀の部品」と分けられていて初心者に優しい内容になっています。
正直「ついていけなかったらどうしよう…」と思っていたので、安心しました。
私的に歴史が面白かったです。詳しい内容はぜひ参加してお聞きください!

座学の様子1 座学の様子2
わかりやすく実践で解説してくださいました。
(画像は下げ緒はきちんと結ばず、襷として使うこともあるとの説明時)

分解や時代劇でよく見られるポンポンタイムもあり、参加されてる皆さんも大興奮。

ポンポン1 ポンポン2
こちらはポンポンして拭う様子。

刀の分解1 刀の分解2
こちらは分解する様子と分解した後の部品。

普段使っているとそんなにポンポンしなかったり、峰は弱く折れることもあるので峰打ちはほとんどしない等、実際に刀を扱われている方ならではのお話はとても興味深かったです!

色んな疑問に答えてもらえる質問タイム

「人を切ったら切れ味が落ちるって本当ですか」等どんな質問にも答えてくださる河田先生。
脂で切れなくなるのではなく、切ってる内に刀が曲がってきて切れなくなるんだそうです。これは使う人が同じところで切るからだそう。自分が藁を切ってる画像を見ると確かに曲がるのも納得な感じでした。
優秀な刀は少し曲がったぐらいだと翌日までに自分で元に戻るらしいです。刀、すごい!

そしてお待ちかねの試斬タイム

まずは先生のお手本。
流石です。めっちゃかっこいいです。
先生の試斬

刀を持ったことがない初心者の私でも切れるのか…。
内心ドキドキでしたが、河田先生のご指導通り動かせば私でもこの通り!
試斬体験1 試斬体験2

参加者全員切ることができました。

時代劇等を見てると切る時に刀を引いていますが、あれは演出で本当は引かなくても切れるとのこと。
実際切ってみた感想ですが、切ってる感覚はなく「刃を打ちつけた」というのが近いかもしれません。しかも面白いことに「切ってやろう」と思うと切れないそうで…刀、奥深いです。邪念が入ると駄目ってことなんでしょうか。
記事を書くにあたり画像を見返しましたが、当たり前ながら先生と比べると全然かっこよくない……完全に刀に使われてるというか、ただの刀を振り回す人になっています。

勇進堂の皆さんや参加されてる方も気さくでとっても楽しい会でした!

参加してみたいと思われた方は

6月分は予約完売で、7月分ももうすぐ募集が開始されます(6月18日現在)。
参加者は女性が多いですが、男性も大歓迎とのこと。ご興味ある方はいかがでしょうか。
現在の加州清光の後におさわりできる刀が変わるそうで、私もまた参加させていただきたいと思ってます。
勇気が足りず入れませんでしたが、道場のお隣はお店になっていて色々商品があるみたいです。私は鍔が気になってます。

【勇進堂】http://yushindou.com/
【刀剣おさわり会】http://touken-osawari.jimdo.com/

この記事は、OHMATA が書きました。