プラカンブログSTAFF BLOG

2017.04.14

WEBマーケッターに役立つマーケティング用語集(1)

Key Performance Indicator

いきなりですが、KPIって耳にしたことがあるのではないでしょうか?

KPIとは………………………………。すらすらと説明できるに越したことはないのですが、KPIと一字違いのKGIもあるようです。あー、ややこしい。

そこで、今回はWEBマーケッターに役立つマーケティング用語をQ&A形式でご紹介。

WEBマーケッターの方もそうでない方も何問正解できるかチャレンジしてみてください。
全問正解の方にはもれなくプラカンコースター(今後は作ることのない貴重な旧ロゴバージョン)を差し上げます。実は、あまってます(笑)

【Q1】KPIとは?

【Q2】KGIとは?

【Q3】CPCとは?

【Q4】CVRとは?

【Q5】CGMとは?

Cost Per Click

【A1】

KPIは、 Key Performance Indicator の略語で、「重要業績評価指標」と訳されます。
KPIは、組織(事業)の目標の達成度を評価するための指標です。
WEBにおいては、訪問数や平均顧客単価などをKPIの指標として設定することがあります。

▲質問に戻る

【A2】

KGIは、 Key Goal Indicator の略語で、「重要目標達成指標」と訳されます。
KGIは、ゴール(最終目標)として設定する指標です。上記のKPIはゴール(最終目標)に向けて正しく向かっているかを計測する中間的な指標になります。
WEBにおいては、売上高や成約件数などをKGIの指標として設定することがあります。

▲質問に戻る

【A3】

CPCは、 Cost Per Click の略語で、クリック1回あたりの料金のことです。
リスティング広告などWEBに掲載した広告のクリック1回あたりに掛かる広告掲載費のことです。

▲質問に戻る

【A4】

CVRは、 Conversion Rate の略語で、「コンバージョン率」と訳されます。
WEBにおいてはサイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求をしたり、問い合わせすることをコンバージョンとして設定することがあります。
コンバージョン率は、コンバージョンに達成した人の数 ÷ サイト全体の訪問者数などの計算式で割り出します。

▲質問に戻る

【A5】

CGMは、 Consumer Generated Media の略語で、日本語では「消費者生成メディア」などと訳されます。インターネットを活用して消費者が情報を生み出すメディアのことで、ブログ、SNS、Q&Aコミュニティ、口コミサイト、動画サイトなどがCGMにあたります。

▲質問に戻る

いかがでしたか?

今回ご紹介したWEBにも関わりが深い5つのマーケティング用語。全問正解された方はいらっしゃいましたでしょうか?

いらっしゃいましたら、プラカンコースターを差し上げます。 実は、あまってます(笑)
WEBマーケッターに役立つマーケティング用語集(2)に続く…

この記事は、MIKI が書きました。