プラカンブログSTAFF BLOG

2015.06.29

健康にもダイエットにも良い「ココナッツオイル」

健康とダイエットにココナッツオイル

おはこんばんちわ、(ひ)です。
WEBや広告などの仕事をしていると、いつも帰りは遅く、必然的に晩ご飯もおそく、平日の運動は皆無という生活が続いているのではないでしょうか?

そんな企業戦士が気になる、健康にもダイエットにも良いと言われている、最近大ブレイクの「ココナッツオイル」についての話。

筆者自身体質を改善しようと考えていた折に、ココナッツオイルの存在を知って、ココナッツオイルを試している途中ですので、ここで紹介したいと思います。

まずは、うんちくはいいから「使い方」と「どうなるのか」を知りたいという人のために

ココナッツオイル

ココナッツオイルの効果

○中性脂肪が燃焼しやすくなる
○認知症やアルツハイマーなどの予防・改善
○免疫力を上げる(抗菌作用、抗ウイルス作用、など)
○抗ガン効果
○糖尿病の予防・改善
○心臓血管疾患のリスクを下げる
などなどまだまだ効果期待できる、スーパーオイルなんです!

気になるココナッツオイルの使い方

コーヒー

○朝のコーヒー(ブラック)、紅茶などに、スプーン1杯オイルを入れて飲む。
砂糖などの糖質と一緒に飲むと効果が半減するので、砂糖は無しでいきましょう!

○料理の油をココナッツオイルに変える
ココナッツオイルは熱に強いので、酸化しにくい!(酸化した油は身体にとっては最悪なのです)
普段つかっている油をココナッツオイルに変えて調理する。

○サラダなどにかけて食べる
ただし、ココナッツオイルは、およそ25度以下で固まる性質。夏は液体に、冬は固体になるので用途にわけて冷蔵庫に入れたり、湯煎したりして使ってください。

1日の目安としては、大さじ2杯程度だそうです。

継続できない人のために

今までも、ダイエットや健康目的で流行したものはいくつかありました。朝バナナダイエット、納豆ダイエット、寒天ダイエット・・・などなど。

続かない原因のひとつは朝バナナだけにすると痩せるらしい。などと、「理論」を理解せずにただ結果だけを求めるからだと思います。

なぜココナッツオイルが良いか

説明

そこでなぜココナッツオイルが良いかという理論としくみに触れてみたいと思います。

人の脳は、基本的に「ご飯・パン・麺類・砂糖」などの糖質からできるブドウ糖のみをエネルギーとしていると考えられてきました。

しかし最近の研究で、脳のエネルギー源は、ブドウ糖だけではない事がわかってきました。人間の体は、ブドウ糖が不足した時に脂肪を分解して「ケトン体」を合成します。これがブドウ糖の変わりのエネルギーとして使われます。

ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸をとても多く含み、その中鎖脂肪酸からケトン体が合成されやすくなります。ケトン体体質になれば、体の中で脂肪が燃焼されやすくなり体重が減るという仕組みです。

母乳にも含まれる成分ラウリン酸

また、ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は、母乳にも含まれる成分です。産まれてくる赤ちゃんには病原菌に対する免疫力がほとんどありません。その体を守ってくれているのはラウリン酸なのです。

ラウリン酸は、強力な抗菌・抗ウイルス作用を発揮し免疫力を高めてくれる物質で強力な抗酸化作用がありサビない体を作るうえで欠かせない成分です。細菌やウイルスに直接作用してそれらの細胞膜を破壊する一方、免疫細胞を活性化して二重に免疫力を高めるといわれています。

体質を変えるには、糖質(炭水化物)の摂取を減らそう

ごはん

人間の体はエネルギー源としてブドウ糖を優先して使う仕組みになっているので、糖質を含む、ゴハンやパン、麺、砂糖などを多く摂っていると身体の脂肪を燃焼するするスイッチが入らないのです。つまり糖質と一緒に、ココナッツオイルを摂ってもその効果は半減するという事です。

現代の日本人の多くは、いわゆる糖質中毒(依存症)と言えるそうで、食事の際、白いご飯や、麺類や甘いものの誘惑が常に、頭の中にありませんか?糖質を採り過ぎはその他にも身体に色々な問題を引き起こす原因になりますので、糖質を制限する事はとても大切だと言われています。糖質の変わりに、良質のタンパク質(肉や魚や卵)や、良質の脂肪(油:ココナッツオイルやその他の良質油)を摂取する方が良いと考えられはじめています。

さいごに

ココナッツオイルの品質も重要でいわゆるエキストラバージンと言われるものを選ぶようにしましょう。安価な化学物質で精製されたものは効果も期待できません。

ココナッツオイルの良い点は、ダイエットだけの効果だけではなく、上記に述べた多岐にわたる健康効果に抜群の効果を示す万能オイルという事で注目されているのです。
無理のない範囲で楽しく実践してみてはいかがでしょうか。

ただ、ココナッツオイルに異論を唱える人もいますので、ダイエットに限らず、情報は常にいろんな視点から調べる必要があります。実践については自己責任で、気になる方は多方面から調べてみてください。

この記事は、HISADA が書きました。