プラカンブログSTAFF BLOG

2017.01.25

作業の時短につながる!ショートカット~Windows編~

こんにちは。MURAYAMAです。

毎日パソコンに向かっていると
自分の知っている知識の範囲で
当たり前に操作をしていることがあります。

でも意外と簡単な操作をプラスするだけで
作業の時短ができるショートカットがあるのはご存知でしょうか?

今回は知っているか知らないかだけで
作業の時短につながるショートカットをご紹介します。

必要な箇所のみのスクリーンショット

自分の画面をスクリーンショットをして
メールや企画書に使用する機会があると思います。

何気なくスクリーンショットを撮った際、
画面全体が保存されてしまい、
「あっ、不要な箇所がうつってしまってる」
と、若干ヘコむことがあるのは私だけでしょうか・・?

PowerPointにそのまま貼り付けて
不要な部分をトリミングしたり、
または、フォトショップを立ち上げて、
不要な場所をカットしてから使用するという流れが
スクリーンショットを使用する時は当たり前になっていました。

そんなとき便利なショートカットキーがありました!
普段は、〔Print Screen〕のみでスクリーンショットを撮るところに、
〔Alt〕を押しながら〔Print Screen〕を押します。

すると、
選択していた画面のみをスクリーンショットすることができるんです。

不要な箇所が写り込まないので、そのままメールに添付も問題ありません!
作業効率アップにつながりました。

「Snipping Tool」というツールを使っても便利です。
参考URL:Windows 10のSnipping Toolを使用して画面をキャプチャする方法

全角入力モードでの半角スペースの入力

メールや文書を作成している際に、
全角スペースじゃなく、ここには半角スペースを使いたい!
そんな時、私は当たり前に
「ちょっとめんどうだな。」と心で思いながらも
入力モードを「半角」にしてから「スペース〔Space〕」押していました。
一回きりだけならまだいいのですが、
繰り返しだとなんか効率が悪い気がしませんか?

実は、簡単な方法がありました!

全角入力モードにしていながら、
「半角スペース」を入力できるショートカットがありました。

〔Shift〕+〔Space〕

これで入力モードを切替えずに、「半角スペース」が!

もし知らなかった方がいればぜひ使ってみてください。

この記事は、MURAYAMA が書きました。
Webデザイナー募集中
Webデザイナー募集中(東京)ただいま東京事務所ではウェブデザイナーを募集しています!詳しくはこちらをご参照ください。