プラカンブログSTAFF BLOG

2017.01.11

iPhoneでApple PayとSuicaを登録してみた

iPhoneでApple PayとSuicaを登録してみた

新しいiPhoneに変えたんだしApple Payを使ってみたいなと思ったOHMATAです。
しかし、調べてみたら登録しようとしていたカードが対応していないかも…となりました。
その時の様子がこちらです。

その後、何となく調べ直したら対応しているカードが増えたことにより使えることが判明!
早速登録してみましたので今回はその様子をご紹介します。
※画像はところどころ加工してあります。

まずはクレジットカードを登録

「設定」の「WalletとApple Pay」で「カードを追加」を選択します。

そのまま「次へ」を押すと、カードの種類を聞かれます。

今回はクレジットカードなので、クレジットを選択しました。


写真で読み取り可能なんだー!と感動しつつ、私は手動で入力しました。

カード情報を入力していきます。


入力が終わると、カード会社に問い合わせ中になり、「Apple Payモバイルペイメント特約」が表示されますので、内容を確認して良ければ同意します。
(この部分はうっかりスクショ撮るのを忘れてしまいました)

カードが追加されると、登録するカードによって自動的にiDとQUICPayのどちらかに割り当てられます。
私のカードはQUICPayになりました。

次へを押すと、カード認証が行われます。
認証方法はSMSと電話の2つがあり、私はSMSを選択。

順調かと思いきや…

私はここで問題が起きました。
しばらく待ってもSMSが届かないのです…。
調べてみたところ、どうやらカードに登録している電話番号と、Apple Payを使うiPhoneの電話番号が違うと届かないそう。
【参考ページ】applepay認証コードが届かない | 公式 Apple サポートコミュニティ
思ってたよりセキュリティがしっかりしていました。

では電話で認証する方式に変えようと思って電話したのですが、できませんと言われてしまったのでSMS認証するために登録している電話番号をiPhoneの電話番号に変更しました。
対応は素晴らしくあまり時間をかけず変更できたのですが、手間が若干面倒でした…ここはApple Payとは関係ないので省略します。

電話番号を変更したことにより一度登録したカード情報を削除し、再度登録しなおしたら無事にSMSが届き、アクティベートが完了しました。

ついでにSuicaも登録

東京に遊びに行った時に便利なので買ったSuicaがあるので、せっかくなら!と思い、こちらも登録することにしました。
クレジットカードと同じく「設定」の「WalletとApple Pay」で「カードを追加」でSuicaを選択します。

カード番号の下4桁は、Suicaの裏面の一番下にある番号の下4桁のことです。
定期券もMy Suicaもないので生年月日は入れませんでした。

カードの読み取り便利!未来っぽいー!と思いながらちゃんと読まずにSuicaをiPhoneの下ではなく上に置いた私。
案の定…

ですよねー!と反省しつつ、念のためスマホカバーからiPhoneを外して下にSuicaを置くと、転送され登録が完了しました。

今まで使っていたカードの方は使えなくなります。
灰色に変わる演出が良いですね。

SuicaをSuicaアプリで確認

予めダウンロードしていたSuicaアプリでちゃんと登録できたのか確認してみました。

デポジットが返却されてこの残額…でもApple Payでいつでもチャージできます。そう、iPhoneならね。

【番外編】Suicaアプリでできること

Suicaカードを持っていなくてもSuicaアプリからSuicaを発行することもできます。
また、お持ちのクレジットカードがApple Payに対応していなくても、Suicaアプリにクレジットカードを登録してそちらからチャージすることもできます。
私は東京に行った時しかSuicaを使わないので1つで十分ですが、Suicaの定期券をお持ちの方などはいくつかのSuicaを使い分けて管理することもできるようです。

まとめ

今回(主に私のせいですが)登録作業だけでちょっと疲れてしまい、まだQUICPayで買い物をしたり、Suicaをチャージしたりと実際に使ってみたりはしていません。
また使ってみて色々と便利な点、逆に不便な点がでてきたらまたブログでご紹介したいと思います。

この記事は、OHMATA が書きました。