プラカンブログSTAFF BLOG

2015.06.24

Apple Watchを使ってみた(後編)

AppleWatchを使ってみる

こんにちは。木村です。
Apple Wacth使用レビュー後編はソフトウェアについてです。

時計にスケジュールが表示されると結構便利!

設定にもよりますが、時計の下に1行だけ直近の予定を表示することができます。ここに表示する内容はiPhoneのカレンダーアプリに登録しているスケジュールですが、僕のようにGoogleカレンダーを利用している人でも、iPhoneのカレンダーにGoogleカレンダーを読み込むように設定すれば問題なく表示できます。

「1行だけ表示したところで、別にどうってことないんじゃないか」と思っていたのですが、これがやってみると結構便利。特に僕のように記憶力が悪い人間には、常に次の予定が確認できるので安心できます。iPhoneをポケットから取り出してスケジュールを確認するということも確かに減りました。

ちなみに、この1行をタッチすると、その他のスケジュールも一覧できます。

アイコンをズームすると…?(そこまでせんでもw)

アプリはこのように並んでいる

アプリはこのように並んでいる

時計以外のアプリたちを使う場合は、写真のようにアプリアイコンが並んでいる画面を指でグリグリと動かして目的のアプリをタッチするのですが、竜頭を使ってズームすることもできます。

実質的な意味があるかは別として(笑)
しかしこういうところに心血を注ぐのが、Appleだな~と思います。

直感的な時計配置の天気予報

天気

天気

気温表示

気温

IMG_1713

降水確率

時計デバイスならではの情報レイアウトではないでしょうか。現在の時刻を基準に、時刻の位置に情報が配置されるので感覚的に分かりやすいです。

かっこいいのか悪いのかw

iPhoneにもあるPassbookですが、これって一体どれぐらいの人が実際に使っているのでしょうか。僕も普段あまり使うことがないのですが、一応、飛行機のチェックインに使えます。でもバーコードの読み取り機って、だいたい右側にあることが多いような気がするので、Apple Watchをつけた左の腕を右側に伸ばして腕を下に向けて読み取り機にタッチするという、かっこいいのか悪いのかよく分からない動作をしなくてはいけませんよね。もちろん、実行に移したことはありません(笑)

Passbookで飛行機の予約を表示

Passbookで飛行機の予約を表示

バーコードを表示

バーコードを表示


心拍数も測れます。へー。

まぁ、今まで心拍数が測れなくても特に困ったことはありませんでしたし、測りたいとも思わなかったわけですが、こういう機能が付いているとやっぱり測ってみたくなるのが人情です。この動画のようにじっとしてるとかなり脈は遅いほうですが、運動時に測ってみると100を超えたりもして、それはそれで「へー」と思ったりもします。(だからどうということはありませんが…)

とはいえ、先日見たニュースでは、どこかの病院でAppleWatchを使って患者の脈拍をモニターするというような記事もありましたので、今後は医学的な利用や、遠くにいる家族の安否確認など、いろんなアイディアが出てくるかもしれません。

「はい、キャップ!」

最後に電話ですが、これがマンガのように話せるのです(笑)

最初に電話がかかってきたときにはビックリしましたが、この小さな時計から声が聞こえてきます。そして時計に向かって話せば会話が成立します。

「木村隊員、木村隊員。」
「はい、キャップ!」
「悪いが、今すぐ現場に直行してくれ」
「はい、キャップ!」
「今度の敵はなかなか手強そうだ。気をつけろよ」
「はい、キャップ!」

というような場面がこれから皆さんの周りでも日常的に見られるようになるでしょう。(僕は恥ずかしかったのですぐに電話を切りましたが。)

電話機能

電話機能


押せね~!

最後に、最近仕入れた面白いアプリを一つ。

「Geek Watch」という時計アプリなのですが、往年の(というか今でも現役かもしれませんが)CASIOの電卓付き時計を模したものです。

ちょっと無理(;_;)

ちょっと無理(;_;)

なかなかイカしていて、ちゃんと電卓として機能するということだったのでインストールしたみたのですが、ボタンが小さすぎて、目的の数字はまず押せません(笑)

というわけで、

Apple Watch 欲しくなりましたよね(笑)

現時点での素直な感想としては、

  • 普通に時計として便利である
  • iPhoneと連動しているので、ちょっとしたことが便利である
  • おもちゃとしてはやや高いかも
  • けど新しいインターフェイスを体験できる
  • 後継機種に期待(結局そうなのか!)

という感じでしょうか。

後継機種に期待というのは、指紋認証や遠隔ロック機能のようなセキュリティ面での強化や、薄型化、バッテリーの長寿命化といったところです。Wi-Fiが搭載されるようになれば、ラジオやテレビ(画面は小さいですが)も見れるようになるでしょう。

数年前、iPhoneが初めて世に出たとき。
さらに前、i-modeが登場してきたとき。
そしてもっと前、インターネットというものに初めて接続したとき。

そういう時代の転換点になるのかならないのか、今はまだ分かりませんが、新しいデバイスの登場をリアルタイムに体験するという日々を今は楽しんでいます。

この記事は、KIMURA が書きました。