プラカンブログSTAFF BLOG

2016.12.06

PowerPointの基本をマスターしよう!

こんにちは。MURAYAMAです。

以前は使用することがなかったのですが、
最近PowerPointを使用する機会が増えました。

使い慣れるまでは「苦手・・つらい。。」と
敬遠しがちでしたが、最近楽しくなってきました。

企画書・プレゼンや社内資料といった作成によく使用しますが、
一人ではなく、チームで作成することも多いかと思います。

そんな時に同じ資料をだれが編集しても問題ないように
基本を押さえるのが重要だと思いました。

そこで今回は私が学んだPowerPointの超基本をお伝えします。

■スライドマスターを使用する

ppt1

こちらの機能を使えば背景デザインから書式、フッター等まで
一括で管理・設定することができます。
複数人で資料作成に取り組む場合も統一感をもたせることができ
スマートに進行でき、見やすい資料が作成できます。

■テキストボックスを設定する

自分が作成した資料を他の人が修正する可能性もあります。
事態を想定しての配慮も大切です。
そのことを知ってから、
私は下記のようにテキストボックスを設定するようになりました。

ppt2

・「テキストに合わせて図形のサイズを調整する」にマル
・「図形内でテキストを折り返す」にチェック

これでテキスト修正した際に文字数が増減した場合でも
テキストボックスが臨機応変に対応してくれて、とても便利です。

~番外編~

PowerPointでも背景の切り抜きができるのご存知でしたでしょうか?

私は始めて知りました。

しかもとっても簡単なので、ご紹介したいと思います。

ppt3

写真を選択します。

書式 → 背景の削除

すると、写真の一部が紫色に変化します。
この部分が削除する対象です。

選択範囲に含まれていない場合は
四角の右下部分をドラッグしてざっくりと調整しましょう。
残りは「削除する領域としてマーク」で微調整し、
残しておきたい部分を選択したい場合は、
「マークの削除」もしくは、「保存する領域としてマーク」でドラッグします。

最後は変更を保持で完成です。

※こちらはPowerPoint2010から可能になったようです。

切り抜いた背景は透過になるので
他のソフトで切り抜く手間も省け、余白を気にしての配置も省け一石二鳥です。

もし知らない機能があればぜひお試しください。

この記事は、MURAYAMA が書きました。
Webデザイナー募集中
Webデザイナー募集中(東京)ただいま東京事務所ではウェブデザイナーを募集しています!詳しくはこちらをご参照ください。