プラカンブログSTAFF BLOG

2016.05.09

ビジネスの“成長戦略”グロースハック!

グロースハック

うさぎと亀

始めて間もなく1年になりますが、アクセスが10倍に届きそうなプラカンブログです。アクセスはどんどん増えています。まるで雨後の筍のように!

しかしながら、自社(コーポレート)サイトのリニューアルが亀さんで。。プラカンブログのほうがうさぎさん状態になっています。僕のせいでもあるんですが(^▽^;)

そろそろ亀さんもラッシュしないといけませんね。伝説的なボクサー、シュガーレイ・レナードのように。

春なのに…

まだ馴染んでないピッカピッカのスーツ、いささか緊張感のある新社会人さんの背中を眺めることも多い春。
WACAのウェブ解析士の資格取得のために公式テキストを読んでいってる(三)ですが、読み始めから刺激的な文章が目に飛び込んできました。

「デザインやプログラムは低コスト化、無料化が進んでいます。」

「オープンソースやフリーウェアが普及し、ウェブの制作やシステムの開発においては無料で使える初心者向けのサービスも増えています。」

「タイではFacebookページがウェブサイトの代わりになっています。」

「ウェブサイトの構築の単価は急速に下落しています。制作する側は、作るスキルだけでは市場で生き残れなくなっているのです。」

う~ん、確かになぁ…とクロスオーバーするところも多い。
成果の出ないウェブなら安い方がいい、コストはゼロに近いほうがいいと考えるお客様も増えていると。

コスト0

グロースハック

しっかりと「事業に成果をもたらす」ウェブサイトを作れない会社は今後ますます淘汰されていくやろなぁ…そんなことを感じながら本屋さんに立ち寄ると「いちばんやさしいグロースハックの教本」という本があり、僕を呼んでいるような気がして、レジに行き即購入。

ウェブ解析士の公式テキストは、いったんサッカーのハーフタイム状態にしておいて、「いちばんやさしいグロースハックの教本」を数日で読破しました!(ウェブ解析士の公式テキストさん、ちょっと待っててくださいね。)

近頃よく耳にする「グロースハック」とは、データを見ながら製品や企業が成長する仕組みを組み込み、改善していくことだと僕はとらえています。
新しい成長戦略、マーケティング手法とも言われています。ウェブ解析士の公式テキストにも載っていました。

「起業家的な考え方こそがグロースハックの基本である。」
~Facebookで爆発的にユーザーを伸ばしたアンディ・ジョーンズより~

「グロースハックで求められるのは、成長のためのユニークな方法を見つけ出すこと、そして、他社の成功事例を取り入れて進化させるクリエイティビティだ。」
~さまざまなグロースハック施策を打ち、「グロースハッカー」という言葉を生み出したショーン・ハリスより~

「真のグロースはプロダクトの最高のユーザー体験の結果。自ずとグロースしてくれるようになる。」
~June 共同創業者 兼CEO マット・ファン・ホーンより~

グロースハックの具体的な施策内容やノウハウは、「いちばんやさしいグロースハックの教本」や「Web Designing 2016年1月号」にも特集が載っており、興味のある人はぜひ一読されることをオススメします。

グロースハック

サイトの運営や成長にはもちろん、これからのサイト構築にも役立つマーケティングの考え方「グロースハック」。僕は心をつかまれたので、もっと吸収していきたいと思っています。またブログにも書きます。

あっ、そうそう、お客様のサイトはもちろんのことですが、亀さん状態でまだできてない自社(コーポレート)サイトの運営にも「グロースハック」を役立てますよ!亀さんがんばれ!

おまえもがんばれよ!と言われる前に言うておこ(笑)

参考書籍

いちばんやさしいグロースハックの教本

Web Designing 2016年1月号

初級ウェブ解析士 認定試験公式テキスト2016

この記事は、MIKI が書きました。