プラカンブログSTAFF BLOG

2016.03.24

縦置きモニターで効率アップ(後編)

縦置きモニターで効率アップ!(後編)

先日、高知龍馬マラソンに参加したおり、久しぶりに龍馬記念館でじっくりと彼の手紙を閲覧し、もしいま龍馬が生きていたらきっとLINEを使いまくってるに違いないと思った木村です。 さて前回は「メールやウェブページを見るのには、実はモニターは縦置きのほうが効率がいい!」というお話しで、そのためのワイヤレスキーボードを選んだところまででした。今回はモニターを縦置きにセッティングして、実際の使い勝手をご紹介したいと思います。

モニターを縦置きにするには

デスクトップパソコンを使っていて、PC本体とモニターが別々になっている人は、そのままモニターを90度回転させればOKですが、回転できないモニターをお使いの場合も多いと思います。そういう場合は、回転できるモニターに買い替えるか、回転スタンド的なものを買ってくることになるのだと思います。

(なにやらいろいろあります)
「縦置きモニタースタンド」でGoogle検索した結果

タブレット用のスタンドを流用

僕の場合はSurfaceですので、iPadなどのタブレット用スタンドを流用することにしました。いろいろ検討して選んだのはこれ。丈夫そうで、許せる範囲でダサくない(←普段から使うものですから、気持ちよく使ううえでこれはけっこう大事なことです)というのが選定理由。

タブレット・スレートPC用スタンド

タブレット・スレートPC用スタンド

こんな感じです。

スタンドはこんな感じです。角度は自由に調整できます。

モニターを置くとこんな感じになります。

IMG_6143

縦向きに置いた場合

横向きに置いた場合

横向きに置いた場合

縦向きに置いても横向きに置いても、手元のスペースが結構空きますので、こんなふうにメモやノートを手前に置くこともできます。(Surfaceのキーボードだとトラックバッド部分が大きいのでもっと場所をとってしまう)

使い勝手

では実際の使い勝手はどうでしょうか。

IMG_6146

メールを表示させたときはこんな感じです。一覧が見渡せるのでとても把握しやすい。やっぱり文書関係というのは縦に見るようにできているんですよね、きっと(笑)

IMG_6147

ウェブページなどはこんな感じです。ちょうどA4縦サイズで見ているような感じで、こちらもスクロールする手間がかなり削減できます。

このセッティングに切り替えてからすでに一か月以上たちますが、いまのところとても快適で、普段はずっとこの状態にしています。PowerPointや横長のExcelなどを使うときだけ、ひょこっとモニターだけを横向けにすればこれらも問題なく使えますので、普段の仕事で、メールやWebが中心だという方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

余談

そうそう、「前編」でお伝えするのを忘れていましたが、僕はキーボードの裏にあるゴム製の滑り止め部分にセロハンテープを貼って、あえて滑りやすくしています。(もちろん、モニタースタンドの裏にも貼っています)

IMG_6139

こうしていると、書類を広げたいときや机のスペースをちょっと空けたいときに、キーボードとモニターをサッと滑るように動かせるので非常に楽ちんです。こちらもちょっとしたTipsですので、ぜひ試してみてください(笑)

 

この記事は、KIMURA が書きました。