プラカンブログSTAFF BLOG

2016.04.04

煙の出ないタバコ「iQOS」を使ってみる。

Beautiful young woman in casual wear smoking on window. Over evening  city.

煙の出ないタバコ「iQOS」を使ってみる。

主人公よりもサブキャラが好きで、ルパンよりもシワシワのタバコをくわえる次元大介がかっこいいと思っている(吉)です。

最近禁煙ブームなのかタバコを吸う人は減ったように思います。
特に、20代の人はお酒は飲まない、タバコは吸わない、ギャンブルはしない、車にも乗らないという草食系の人が多いとのことです。
税金のためタバコの値段も上がってしまい、カフェも禁煙、今はオフィスも分煙が進んで吸える場所も限られてきましたね。
テレビ番組や映画でも喫煙シーンが減っているそうで、ジブリアニメ「風立ちぬ」では、喫煙シーンが多すぎると批判され話題になったそうです。

『風立ちぬ』喫煙シーンへの禁煙学会の苦言に批判殺到!
http://biz-journal.jp/2013/08/post_2702.html

私はそれほど中毒にはなっていないようなので、1日に5~6本くらいを気分転換に吸う程度なのですが、それくらいしか吸わないのなら止めれば?ってよく言われます。

「iQOS」を買ってみる

ところで、煙の出ないタバコ「iQOS」という商品をご存じですか?

iqos1

2015年の秋ごろに発売されたそうなのですが、規制で広告ができないためか、告知も少なくあまり認知が進んでいないようで、コンビニにもひっそりと置かれており、私も少し前まで気にも留めていませんでした。

友人とか身近に使っている人がチラホラと出てきたので、興味が湧いてきて買って試してみることにしました。
吸うためのユニットが1万円弱もして高いなと思っていたら、半額程度になるクーポンがもらえるキャンペーンをやっていたので、会員登録などかなり手間がかかるのですが、専用サイトから申し込んで無事コンビニで手に入れました。それでも約5000円程度で結構高額な出費でした。

新しいスマホを買ったような気になるパッケージで、中を空けると、USBケーブルや充電ユニットもまんまスマホっぽく、ちょっとワクワク感が味わえます。
そう言えば、「iQOS」という名前も「iOS」みたいですね。

充電されたスティック状のユニットに専用のタバコを差し込んで、火を使わず加熱して、その蒸気を吸うらしいのですが、使ってみると、なかなか違和感なく普通にタバコとして味わえました。
煙のようなものが出ますが、実は水蒸気らしく臭いも少ないようです。
なんでもニコチンはあるがタールが大幅に減ったらしく、煙が出ないので副流煙もなく周りを気にしなくてもいいという点がタバコと違うメリットだそうです。
灰も出ないので灰皿いらずで汚れません。これなら車の中でも気軽に吸えそうです。

ヘビースモーカーが試したフィリップモリス「アイコス」の味
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/081900068/

iqos2

ただ、買える専用タバコの種類が4つしかないのと、サイズが小さい割に460円と少し値段が高いのがネックでしょうか。

しばらくは、普通のタバコと併用で楽しんでみようと思います。

喫煙コミュニケーション

そういえば、
私が社会人として仕事を始めた頃、オフィス内で喫煙は当たり前の時代でした。

まだ、アシスタントとして働き出して、上司としてついた方が、1日に100本くらいタバコを吸う、とてつもないチェーンスモーカーでして、時々「ちょっと出かけてくるわ」とフラッと出て行った帰りに、「ゴールデンバット」という安い銘柄をゴッソリとカートン買いしてきて、
絶えずスパスパと吸いながら仕事をしていました。吸い殻を原稿に落としてしまい、慌てて振り払うことを度々繰り返す、おちゃめな方でした。

学生時代からもともと多少は吸っていたのですが、その上司に引きずられるように、私も1日2箱くらいは吸っていた時期があります。

最近のオフィスビルは、執務室では当然禁煙で、ビルの一部のエリアだけが喫煙ルームとなっている場合が多いようです。

不自由なことではありますが、そうゆうクローズドな場所での人との出会いには、実は以外なメリットがあって、タバコを吸うために喫煙ルームにちょくちょく顔を出していると、自分の部署ではなく、あまり仕事で関わりのない部門の人と知り合いになれたり、中には社長や役員の人とか、普段出会えない話もできないような人と知りあえて、
顔を覚えてもらえたりすることがあったり、ちょっとしたビジネス上の内緒話なんかも密かに聞けたりなど、意外と喫煙ルームというところは面白く、ビジネス・コミュニケーションの場所としては良かったりするのです。

私もこの昔の“タバコネットワーク人脈”が今の仕事でも結構役に立っていたりするので、とてもありがたいことです。

いかがでしたか?

「iQOS」は、値段も高いので、普及するにはまだまだ時間がかかるでしょう。ただし、煙が出ないので周りに迷惑がかからないことから、もしもオフィスのデスク・執務室等で吸うことが許されるのなら一気にブレイクするのではないでしょうか。

でも健康にはもちろん良くはないので、すべての人にお勧めするわけではありません。やっぱり禁煙が一番なのです。

この記事は、YOSHIKANE が書きました。