プラカンブログSTAFF BLOG

2016.01.26

ふるさと納税がお得と聞いて調べてみた

hurusato_title

最近、まわりでチラホラ話がでる『ふるさと納税』ですが、なんだかお得そうな感じがする?って思いつつ、よくわからないけど誰にも聞けない小心者の(な)です。

誰にも聞けないのなら、自分で調べちゃえばいいんじゃね?ってことで『ふるさと納税』について簡単に調べてみることにしました。

ふるさと納税ってなに?

まずは総務省のふるさと納税ポータルサイトを見てみましょう
→ 総務省ふるさと納税ポータルサイト

「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。
よくわかる!ふるさと納税 より

ほうほう・・・
納税と言いつつ、実際には自治体に寄付をしてその後に『還付』、『控除』が受けられる制度ってことだったのですね・・・φ(゚Д゚ )フムフム。
『税金から還付される(返ってくる)のは確定申告した場合所得税分のみ』であとは『次年度の住民税からの控除』になり差し引かれることになります。

どうやって「ふるさと納税」をするの?

実はふるさと納税の手続きは自治体によってさまざまなのです・・・/(^o^)\ナンテコッタイ。
なので、まずはどこの自治体に寄付をするかを決める必要があります。
寄付先を決めたら、その自治体のふるさと納税サイトに書かれている方法にそって寄付の手続きをしましょう。
→ ふるさと納税をする自治体を探す

そして控除を受けるために

所得税・住民税から控除を受けるためには確定申告を行う必要があります。
しかし!通常なら確定申告の必要がない私としてわざわざ確定申告をするのは正直めんどくさい(・д・)チッ 

何かほかに手段はないのか?と思っていたところ、あらかじめ申請することで確定申告の必要がなくなる『納税ワンストップ特例制度』がありました!!
(※ただし、この制度を受けるためには「ふるさと納税を行う自治体は5箇所以内」と言う条件があるので、ご注意!!)
ふるさと納税ワンストップ特例制度

ふるさと納税のもう一つのお得!

そしてふるさと納税として自治体に寄付をすると、上に書いたような還付・控除以外にも、お得なことがあります。
『その土地の特産品などがお礼として届く!』ということです。
ふるさと納税をおこなってる自治体の中で、そのお礼を送る制度を実施しているところも数多くありますので、どこに寄付をしたらいいのか決められない時は、貰えるお礼の品から自治体を選ぶというのもひとつの方法かもしれないですね。

第三機関が運営している「ふるさと納税ポータルサイト」

とこんな感じで今回、ふるさと納税について本当に簡単に調べただけですが、思ったよりも手続きも簡単そうだし、お礼に貰える特産品も魅力的な品がたくさんあってコレは是非ともやってみようかな?って思えてきたのでチャレンジしようと思いますー!

この記事は、NAGATOMI が書きました。