プラカンブログSTAFF BLOG

2016.02.08

Windows7からWindows10へアップグレード手順と不具合

Windows7からWindows10へアップグレード手順と不具合

初めて触ったWindowsは3.1でした。その前はMS-DOSがあり(この辺りの違いがよくわかってません)、よく潜水艦?のゲームで遊んでいた(大)です。

さて、IE8、9、10のサポートが終了しました。
(※正確にはWindows VistaのIE8、Windows7と8.1のIE8、9、10が終了)

セキュリティ的にまずいので、私もIE9からIE11に変えることに。
弊社SEとその話をしていて「別にWindows10にアップグレードしてもいいんじゃないか」と言われました。
なるほどWindows10…なんとなく嫌で7に固執していましたが、変えてみるのもいいかも!

ということで、今回はWindows7からWindows10へのアップグレード手順をご紹介します。
一度してしまうと戻せなかったり、戻せたとしても大変だったりするみたいなのでよく吟味してから決めていただければと思います。
変えてみてわかったことや起きた問題を手っ取り早く知りたい!って方はこちらに書いております。

事前に準備は必要ない

私の場合はダウンロード開始から完了まで約2時間かかりました。今までのデータも消えません
ウェブブラウザで開いたタブも、デスクトップの並びもそのままでした(いざという時のためにスクリーンショット等取っていましたが必要なかったです)。

まずはシステムトレイにあるWindowsアイコン(田みたいなアイコン)をクリックします。
※私はアップグレードする予定がなかったので、アイコンを消す設定にしていましたが、IE11に上げた途端アイコンがまた出てきました)
システムトレイ 

アップグレードをお勧めしています
お勧めされました。
私のPCでWindows10にできるのかな?と思っていましたが、互換性がありますとのこと。とりあえず私は「レポートの表示」をクリック。

アップグレードの準備が整っています!
簡単なレポートが出ました。
下の方を見ると前回の実行とありますが、私自身前回に実行した覚えはありません…もしかするとWindows Updateで更新された履歴なのかもしれません。

大丈夫そうなので「今すぐアップグレード」をクリックするとダウンロードが始まりWindows Updateの画面が出ました。
ダウンロードを開始しています…
Windows Updateの画面

このまま30分くらい待つと「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」が出てきますので、読んで同意する場合は同意をクリック。
マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項

インストールできる状態になりました!
ここで今すぐインストールしたくない方は「アップグレードをスケジュール」で時間を選べます。
私は今すぐしたかったので、開始ボタンを押しました。
アップグレードをインストールできます

ここからはスクリーンショットが撮れなかったので、手持ちのスマホで撮影した画像でご紹介していきます。多少ぶれたり歪んだりして見難いですが御容赦ください。

再起動されてWindows10の更新が始まりました。
Windows7のロゴとももうお別れ…。
アップグレード中(1)

この画面が消えると今度は、黒い画面に変わり「Windowsをアップグレードしています」と出ます。(下の文字は「PCは数回再起動します。」と書かれています)
アップグレード中(2)
パソコンにはりついてずっと見ていた訳ではありませんが、私が見た感じ再起動の数は3回でした。下にあるカテゴリごとに再起動される感じでしょうか。

そしてついにWindows10になりました!ちょっとそっけない感じ。
Windows10にようこそ!

ここから色々設定が必要になります。
そういうの面倒という方は簡単設定でも良いかもしれません。
すぐに使い始めることができます
私は「いろいろマイクロソフトにデータが送信されるのはなんか嫌だなあ」と思ったので、細かく設定することにしました。

設定のカスタマイズ(1)
個人用設定で連絡先やアドレス帳・カレンダー、位置情報について細かく設定できます。私は全部オフで!

特に「なんかこわい…」と思ったのは接続とエラー報告にある「推奨されるオープンホットスポットに自動的に接続します。すべてのネットワークがセキュリティで保護されているとは限りません」でしょうか。
設定のカスタマイズ(2)
とりあえず後で困った時はまた設定できるだろうと思ったので、こちらも全部オフで!

結局悪意あるコンテンツやサイトのダウンロードから保護することだけオンにして後は全部オフにしました。
設定は後から変えられるようです。
設定のカスタマイズ(3)

設定が終わるとCortanaと名乗るアシスタントが出てきました。
iPhoneでいうところのSiriみたいな感じでしょうか。
Cortana登場
今までいなくても問題なかったのでとりあえずオフにしました。オフといえる日本人です。

最後に新しいアプリの紹介があり、PCの更新は完了です!長かった!
新しいアプリの紹介

ここから私の不安だった「デスクトップファイルはどうなるんだろう…」の答えが画面に表示されます。
すべてのファイルはそのまま元の場所にあります

しかしこのメッセージが長いのなんの。
「もしかしてフリーズしてるんじゃ…」と疑いかけた時、下に「PCの電源を切らないでください」と出ました。ここで切る人が多かったんでしょうか。
PCの電源を切らないでください
もう少し我慢しなさいよと言われているような気分になりつつ、しばらく待つとデスクトップが表示されます(ここまできたことに油断して時間を計ってませんでした)。

公式のダイジェスト動画がありましたので、こちらもどうぞ。

アップグレードして起きた問題など

難関、游ゴシック

私より前に弊社(杉)がWindows7から10へアップグレードしていたのですが、PhotoshopCCでメニュー等が文字化けするとのこと。
私のPCでも確認しました。化けて何が何やら全くわかりません。
一度アンインストールして再インストールしても、後述のシステムフォントを変更してもダメでした。
解決法は以下を参考しました。

Adobe フォトショップ・イラストなどの文字化けを直す方法。
http://www.billionwallet.com/goods/windows10/win-adobe.html

上記の記事内容を一言でいうと游ゴシックが入っている補助フォントを設定から削除(アンインストール)するんですが、なんと「メイリオ」も一緒に消えてしまいます。
最近はメイリオを標準フォントとするデザインもあり、私は困るので削除しませんでした。
運良く普段使っているCS5では問題なく表示されるのでCCはしばらく封印かなーと思っています。
恐らくこの問題が多く出ればきっと改善されるでしょうし、もうしばらくの辛抱ではないかと!
最初からWindows10のPCではCCでも文字化けしないとのことなので、アップグレードしたことにより何かが起きているのかもしれません。

※このブログ記事を書いた後の2016年1月19日に何故か突然文字化けが直りました…一体何が起きたのかわかりません/(^o^)\
変えたのはシステムフォントと、PhotoshopCCを一度アンインストールしてから再インストールして文字化けしたまま環境設定>パフォーマンス>ヒストリー&キャッシュでキャッシュタイルサイズ等を軽い設定に変更しただけでしたが、弊社(杉)も何もせず直ったそうなので、Windows UpdateかPhotoshopCCがアップデートで修正されたのだと思います。

また、今回のアップグレードで全てのシステムフォントが游ゴシックに変わっています。
何か文字が細くてかすれたような感じが私としては見づらいと感じたので、変更しました。
簡単に変えられると思いきや、Windows8.1からシステムフォントを変更することができなくなったようで…私はフリーソフト「Meiryo UIも大っきらい!!」で変更しました。こちらは自己責任でお願いします。
その名の通り作者様の強い意志を感じるソフトですが、私はメイリオに設定しました…ごめんなさい。
メイリオ以外にも変更可能です。

Google日本語入力が変

私は日本語IMEにGoogle日本語入力を使っているのですが、アップグレード後はいつもの地球のようなマークではなく「日本」という文字がタスクトレイに表示されるようになりました(面白かったのにスクリーンショット撮り忘れました)。
しかも再起動する度に標準のMicrosoft IMEに戻る…何故!

調べたところ一度Google日本語入力をアンインストールして再インストールすると直りました。他のIMEでも同様かもしれませんので、下記リンクを参考になさってください。
Windows 10 で発生している他社製 IMEの問題について
http://blogs.msdn.com/b/jpwin/archive/2015/09/17/windows-10-ime.aspx

動作が早くなるという話もありましたが、再起動は7の方が早かったと思います。
その他普通に作業していて固まったり困ったりすることがないので、今のところ快適です。
ただ、PhotoshopCCを使う方には大きな問題がありますので、そちらが解決してからアップグレードされることを強くお勧めします。

この記事は、OHMATA が書きました。