プラカンブログSTAFF BLOG

2016.01.05

全国都道府県の観光キャンペーンいろいろ

onsen

公開すぐにスターウォーズ・episode7を見て、ネタバレを話したくてもグッと我慢している(吉)です。

ある都市の観光キャンペーンのプレゼンがありまして、参考にいろいろな都道府県のWebでのキャンペーンなどを調べていると、面白い取組み事例がありましたので、いくつかをごく簡単にご紹介したいと思います。

実は北海道から沖縄まで全ての都道府県サイトを見たのですが、県の公式サイトというのは、制約もあるのは理解できつつも、まったく面白みもない、どこを見てもほぼ同じで、まさに金太郎飴状態だったのにはちょっとガッカリしました。もう少しそれぞれの個性や冒険があってもいいのかなと思うのですが、基本は何世代か前のテキスト中心の情報公開型ポータルサイトというサイト構成になっています。

ただ、一部特設サイト的なあしらいで、個性的な取組みをしている県などもいくつかあり、なかなかの予算をかけて地元タレントを活用した観光誘致キャンペーンサイトに
なっていました。
一部はメディアでも取り上げられた有名なものもあり、ご存知かもしれませんね。

【秋田県】あきたびじょん

秋田県
http://common3.pref.akita.lg.jp/akitavision/main/

秋田県が田舎であることを、開き直って(笑)紹介しています。このサイトのレイアウトはちょっと独特で、雑誌などの紙面がベースにあるのかなとも思いつつも表紙っぽいものはあっても、ページとしての中身は無く、動画がコンテンツとして各ページにピックアップされていて、ちょっと不思議な作りです。
大阪からは東北は遠くて、私は福島県までしか言った経験がありません。(一気に北海道へは何度かありますがw)一度東北の雪景色を見てみたいものです。

ここから、関東・北陸・東海・近畿と特に目立ったものがなく・・・

【岡山市】伝説の岡山市

岡山市
http://den-oka.jp/

岡山といえば桃太郎ですが、もうそのイメージが満載で一色な感じなのがちょっと引いてしまうのは私だけでしょうか・・・。
岡山の伝説としての動画をいくつか作成して内容はかなり真面目に紹介しているサイトですが、キャンペーンはすでに終了?しているようで、動画の更新はないようです。最初のインパクトはスゴイのですが、伝説とまでは伝わらなかったのかもしれません。

【広島県】カンパイ!広島県

広島県
http://hiroshima-welcome.jp/kanpai/

アーティストの奥田民生氏が全面協力?して制作されている、広島の魅力を伝えるガイドブックをメインに、広島の地元愛あふれるサイトになっています。
ガイドブックの配布エリアが限定的のようで、手に入れたいファンがオークションなどで取引される事態になるほどの人気だそうです。その他なぜかよしもと芸人なども使って地元を紹介するなど、予算をかけて非常に贅沢な構成になっています。

以前は、おしい!広島県というキャンペーンがあって、こちらもタレントの有吉弘行氏を使って大々的にPRを打っていたように記憶しています。
広島って、安芸の宮島とか尾道とか魅力的な場所が多いですよね。

【山口県】おいでませ山口

山口県
http://www.oidemase.or.jp/

大河ドラマの「花燃ゆ」もあまり盛り上がらず終わりましたが、舞台である長州は歴史的な観光地として魅力あるところが多く、一見、広島に比べて地味ですが、
観光や歴史など真面目にわかりやすくサイトで紹介していてコンテンツも豊富です。一番見ていて行きたいなと感じる観光サイトだと感じました。
でも山口も秋田県同様に大阪から遠くてなかなか行けないんですよね。

【香川県】愛にきてうどん県

香川県
http://www.my-kagawa.jp/udon-ken/index.html

要潤・宮本亜門氏の贅沢なダブルヘッダーによるPRですが、内容はほぼ動画コンテンツのみというちょっとボリュームの少ない残念な感じでした。
これは、広告会社にまかせてのほぼテレビや新聞などのメディアに多くの予算をかけてしまい、Webサイトは残りわずかの予算で動画だけ載せたなんていうことじゃないですよねと願いたいところです。

【高知県】高知家

高知県
http://www.kochike.pref.kochi.lg.jp/~top/

ここもかなり前に、タレントの広末涼子さんを使ってメディア露出もあったのでご存知の方も多いと思いますが、高知県が一番突き抜けた感があって、本当に好きなように遊んでるなという印象です。
きっとこんな仕事が出来たら楽しいだろうなとサイトを見ていて感じるコンテンツですが、食、文化、観光と伝えるべきところもあり、高知県全体のサイトは充実していると思います。
あと、
高知には、「カツオ人間」というシュールなゆるキャラがいるのですが、かなりこだわりがあるようで、いわゆる「ゆるキャラグランプリ」的なイベントには一切登場しないそうで独自路線を貫いています。キャラ設定と運営がしっかりしているんですね。
http://www.marugotokochi.com/katsuoningen/

【大分県】日本一のおんせん県

大分県2
http://onsenkenoita.com/

最近では一番新しい、シンクロナイズドで温泉をアピールするプロモーションで話題になったので知っている方も多いかと思います。タレントとかに頼らなくてもアイデア次第でこれだけメディアで取り上げられるんだといういい実例じゃないかと思います。
サイトもかなりの温泉押しになっていて、それ以外にはあまり記憶に残らないのがちょっと残念な感じです。

 

いかがでしたか?

各地のサイトを見ていると、どこか遠く旅行に行きたくなってきたでしょう?

東京、大阪、京都など、何もしなくても認知の高い都道府県ではなく、あまり知られていないローカルな県が、すこしでも話題になり知ってもらおうという切実な感じが出ていて、ちょっと応援したくなるのは私だけでしょうか?

この記事は、YOSHIKANE が書きました。