プラカンブログSTAFF BLOG

2015.06.10

フッターリンクとSEO

フッターリンクとSEO

プラカンブログにアクセスしていただき、ありがとうございます。プラスデザインカンパニー(三)です。

今回はページのフッターにたくさんのリンクを用意するフッターリンクに関して書かせていただきます!

数年前からフッターにたくさんのリンクを用意するサイトが出てきましたね。

フッターリンクの例

フッターリンクの例(画像はぼかしています)

SEOに効果があるの?

そもそもフッターにたくさんのリンクを用意するのは、SEO(検索エンジン対策)に効果があるのかないのか?気になりませんか?

Googleを調べてみると…

2010年からYahoo!もGoogleの検索エンジンを採用しています。
Yahoo!とGoogleでは、検索結果は全く同じではないようですが、手がかりを求めてGoogleに関して調べてみることにしました。

Googleの検索エンジン最適化スターターガイドを読んでみると、「すべてのページ上にサイト内にある他のあらゆるページへのリンクを掲載するような、複雑に絡み合ったナビゲーションを作らない」ようにと書かれています。

また、ウェブマスターツールのデザインとコンテンツに関するガイドラインには、 1ページのリンクを妥当な数に抑えることを推奨しています。(妥当な数が具体的に書かれているといいのですが…)

ペナルティ!?

フッターにキーワードの詰め込みやおかしなキーワードがあると、重いものではないがペナルティとなるアルゴリズムを取り入れていて、フッターリンクにはSEO(検索エンジン対策)のメリットはないとも言われています。

リンクプログラム

いろんなサイトへの外部リンクが多いフッターは、リンクプログラムとみなされることもあるみたいですので、特に注意が必要ですね。

ユーザビリティ

SEOよりもユーザビリティ

フッターリンクはSEO(検索エンジン対策)のために用意するものではなくて、ユーザービリティ(使いやすさ)を考えて、必要かどうかの選択をしなくてはいけないのではないかと思いました。
ペナルティの可能性があるくらいなら、サイトマップが別にあればいいよということにもなりますしね。

アルゴリズム

検索エンジンのアルゴリズムは変わっていきますので、お客様に最適なご提案がいつもできるように動向をチェックしていかないといけないですね!

この記事は、MIKI が書きました。