プラカンブログSTAFF BLOG

2015.12.02

意外と知らない?便利な検索方法(基本編)

意外と知らない?便利な検索方法(基本編)

検索エンジンはYahoo!派の(大)です。
ですので、今回検索結果のキャプチャーがYahoo!ばかりになってます。
Yahoo!の検索ワードランキング上位には必ず「Google」が入っていて「なんで?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、私も前々からGoogleへ行きたい時はYahoo!でGoogleと検索しています…。

上位に入るGoogle

Yahoo!検索ワードで上位に入るGoogle

さて、ネットサーフィンや調べものをしたい時になくてはならない機能、検索。
普段なんとなく使っているという方が多いかもしれません。
今回は意外と知らない(かもしれない)便利な検索方法をご紹介したいと思います。
「薬の飲み方について調べたい時」を例として説明していきます。

単語を区切る(and検索)

まずは基本中の基本、単語と単語の間にスペースを入れることで、and検索とも呼ばれています。
ここで使う単語の選出によってはより検索しやすくなると思います。(後述

薬_飲み方

「薬 飲み方」で検索


or検索

私は使ったことがないのですが「AまたはB」という内容で検索をしたい時に「A OR B」や「A | B」(※)と検索する方法。
※「|」はYahoo!では使えないようです

薬_水または白湯

「薬 水 OR 白湯」で検索


-で消す

検索しても似たような結果ばかりが出る、この単語は外したい、そんな時にオススメなのが単語の横にマイナスをつける検索。
「A -B」のように検索します。

「薬 飲み方 食後」と検索したのに「食前」や「食間」もヒットする場合

薬_飲み方_食後

「薬 飲み方 食後」で検索、食前や食間という情報も出てきます

マイナスで食前と食間を消すことにより食後の情報だけが出てきました。

薬_飲み方_食後_マイナス

「薬 飲み方 食後 -食前 -食間」で検索


*(アスタリスク)をつける

「あーあれなんだったかなほらえーっと…」
調べたいことの全部はわからなくても一部はわかっている場合、アスタリスクで補完して検索することができます。
(※予測変換やキーワード入力補助で出てくるんじゃないのか?というのは今は一旦置いておいてください)

半分はやさしさでできていることで有名なあの薬を調べたいけど「半分はやさしさでできている」という単語すら思い出せない時

半分はやさしさ

「半分はやさしさでできている」も思い出せず「薬 半分は*」で検索


””(ダブルコーテーション)でくくる

例えば「」と検索した時に何故か下図のように文字がわかれて検索されることがあると思います。
そんな時はダブルコーテーションでくくり「””」と検索しましょう!

「薬を食後に飲み忘れた…」同じ人がいないか、対処法はどうしたらいいか調べたい場合、そのまま検索するよりも

薬_飲み忘れ

「薬 食後に飲み忘れた」で検索

「”食後に飲み忘れた”」とくくって検索するとより絞った検索ができます。

薬_飲み忘れ2

「薬 “食後に飲み忘れた”」で検索


検索する言葉の選び方も大事

実はこれが一番検索上達への近道ではないかと私は考えています。
同じ内容のものを検索するにしても、単語選びや検索の仕方によってヒット内容や数は変わってきます。

例えば「薬の飲み方」について調べたい場合

薬の飲み方を検索したい時、「薬の飲み方」と文章で検索するよりも
薬の飲み方ヒット数

「薬 飲み方」で検索した方がヒット数は多くなります。
薬_飲み方ヒット数

このように文章で検索するよりも単語単語で区切って検索した方がより多くの情報を検索することができます。

最後に…

とはいえ、今は検索エンジンも優秀になってきていますので、あまり考える必要はないかもしれません。
あまりパソコンに詳しくない友人がYouTubeを開くのに「y」とだけ入れて検索するのを見た時はびっくりしました…そしてそれで出るのもすごい(自分のPCで試しました)

yでyoutube

Yahoo!で検索してるのにYahoo!でなくまずYoutubeが一番上に出るなんて…

いかがでしたでしょうか。
広大なネットの海からより自分の見つけたい情報を見つける手助けになれば幸いです。
もし好評でしたら応用編をお届けしたいと思います。

おまけ

先日Yahoo!では「ががばば」と検索すると面白いことが起きましたが(怖がりの方はご注意ください)、Googleでも検索でこんな遊びもできるようです(別サイトへ飛びます)

この記事は、OHMATA が書きました。