プラカンブログSTAFF BLOG

2016.02.04

【Google】検索上位に表示されるWebサイトの作り方

検索上位表示の方法をGoogleに聞いてみた

こんにちは。ピザハットのピザをドカ食いしてストレスを解消しているデザイナーの嶋津です。

さて、Web業界に限らずGoogleの検索エンジンを日々活用している私たちは、欲しい情報のキーワードを入力して、上位に表示された中から情報を得ていますよね。

これは、いくら僕らクリエイター側が一生懸命にサイトを作っていても、Googleの上位に表示されていないと、見てもらえる可能性は著しく低いことを表しています。

ということで、今回は検索上位に表示される方法を、Googleが公開している情報を元に解剖したいと思います。

Google検索上位表示の真意

まず始めに、Googleの考えを知りたいと思います。Googleの検索上位に表示されるには、Googleが考えていることを知ることが大切ですよね。

Googleの会社情報を見てみると、Googleは自社のことを、検索を行う会社と言っています。そのためGoogleは、検索問題を解決することだけに焦点を置いた世界最大級の研究グループを有し、日々検索エンジンを改善しています。

ユーザーが求めている情報を簡単に迅速に見つけてもらうことが、ユーザーがビジネスや好きなことに使う時間を増やすことになり、それがユーザーのためになるとGoogleは考えているようです。だからGoogleのトップページは無駄な装飾がなく、非常にすっきりとしたデザインになっているんですね。

Google のすべてのテクノロジーに共通する目標は、ユーザーができる限り簡単に、求めている情報を見つけられ、すべき作業を完了できるようにすることです。Google がしていること

Google流良質なWebサイトの作り方

Googleがユーザーのために、検索エンジンを改善していることは理解できました。では、実際にどのようなサイトを上位に表示させることが、Googleはユーザーのためになると考えているのでしょうか。

Googleは200以上の要素から検索上位に表示するサイトを決めており、その要素は発表されてはいませんが、検索上位に表示されるサイトの作り方は、公式ブログで教えてくれています。

下記は少し古い記事ですが、Googleは具体的に25項目挙げており、これを熟読することで、Googleが考える「良質なサイト」がよく理解できると思います。

Google の品質評価アルゴリズムは、低品質なコンテンツのランキングを下げることによって、良質なサイトをユーザーが見つけやすくします。
グーグルウェブマスター向け公式ブログ:良質なサイトを作るためのアドバイス

また、親切にもGoogleは、上位表示において誤解されがちなことも、10項目挙げてくれています。これも知っておくと、理解がより深まると思います。

多くの誤解はすでに誤解であることが証明されています。
Google のインデックスやランク付けなどに関する、10 の誤解

まとめ

Googleの会社情報や、公式ブログからわかったことは、とにかくGoogleはユーザーのことを第一に考えていることです。そして、その考えは、検索エンジンにも反映されています(現在進行形)。

上位表示されるようにサイトを作るよりも、ユーザーに満足してもらえるサイトを作ることが、結果として上位表示されるサイトに繋がる、ということです。

最後に、Googleの理念に掲載されている、Google が掲げる 10 の事実の一番最初に掲げられている項目を引用して、締めたいと思います。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

この記事は、SHIMAZU が書きました。