プラカンブログSTAFF BLOG

2015.10.01

目の疲れを癒す方法

目の疲れを癒す方法

秋の気配が感じられる今日この頃、みなさんいかがお過ごしですか(ひ)です。

パソコンの仕事をしていると、目の疲れが半端ないこと山のごとしですよね。自分も目の疲れがひどくて仕事終わりの夜には頭痛がする時があるくらいで、どうにかせねばと思い今回は目の疲れを取る方法を調べて実践してみました。

蒸しタオルで疲れを取ろう!

誰しも一度は経験した事あるのではないでしょうか?美容院や散髪屋さんで蒸しタオルで目を覆ってもらった時の気持ちよさ。これには気持ちいいだけではなく、血液の循環を促し、目の疲れや不快感などの症状を緩和し、さらに自然治癒力を促進させる優れた効果が期待できるそうです。

HT068_L

そこで早速実践してみました。まずは蒸しタオルの準備。一番手っ取り早そうなお風呂で試してみました。お風呂のお湯にタオルをつけて、それを絞って目にあててみます。

すると。。。ぬるい。。生ぬるい!

そうです、お風呂の40℃そこらの甘っちょろい温度では美容院の蒸しタオルの気持ちよさに達しないのです。

そこで、ティファールでお湯を沸かして洗面器に入れて、手で触れるぎりぎりの熱さまで水を足してお湯の温度を調整してから、タオルをお湯につけ、タオルを軽く絞って目にあててみると。。。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

そこにはあの美容院であてられる心地よい蒸しタオルのヘブンな世界が広がってくるではありませんか。そうです、美容院の蒸しタオルの領域に近づくには温度が重要なポイントだったのです。

蒸しタオルの場合はわりと直ぐに冷めてしまうのですが、洗面器にお湯を入れておいて定期的に絞っては目にあてるという方法は、何度もできるので個人的にはいい方法だと思っています。

さらに、気分を高めるのであれば、アロマオイルなどで香りをつけてみるのもリラックスできて良いかもしれません。

お湯以外にタオルを温める方法

HT105_L

お湯以外の方法としては、タオルを水にぬらして、かるく絞って「電子レンジでチン」する方法もあります。500wで1分くらいで一度試してみてはいかがでしょうか?お風呂ではなく、リビングで手軽な方法としてはいいかもしれません。リビングでもお湯と洗面器の方法は可能だと思いますのでこちらも一度お試しを。

さらに個人的には、お店にあるような、タオルウォーマーという機械がほしいなと思って調べてみました。

安いものだと1万円前後で売っているそうですが、タオルの雑菌などで臭いが気になるようになるそうです。業務用のおしぼりは殺菌しているらしく、個人利用でタオルを毎度殺菌して使うのは、ちょっと面倒かもしれません。

蒸しタオル以外の目の疲れをとる方法

蒸しタオル以外の方法としては、「目の体操」や「目に効くツボ」などもあるようです。

「目の体操」の方法としては、目を上下左右に動かしたり、目を大きく見開いたり、グっと目を閉じたりして、目の筋肉をほぐすといった方法も効果的だそうです。

ただしこの方法は人が見ている時にやると、相当怪しい人物に見えてしまうので、人のいないところでひっそりと実践しましょう。

また「目に効くツボ」は一般的には、眉間のあたりやコメカミのあたりを指で指圧する方法などあるようですが、詳しくはまた今度の機会に取り上げたいと思います。

以上が目の疲れを癒す方法ですが、お湯や電子レンジを使う方法でも火傷には十分気をつけてください。あまり熱い温度を長時間するのも、かえって目を傷める可能性もありますので、十分注意をして適度に試してみてはいかがでしょうか。

この記事は、HISADA が書きました。