プラカンブログSTAFF BLOG

2015.09.09

Windows7でIE8やIE9に戻したり、インストールする方法

Windows7でIE8やIE9に戻したり、インストールする方法

夏休みの宿題は最後の方にまとめて片付けていた(大)です。
記事を書いているのが8月のため、まだ夏を満喫したい気持ちをあらわしたタイトル画像になっております。

さて、まだまだ残るIE旧バージョン対応問題。
テスター等では再現できない場合もあり、IE8が必要になったりIE9が必要になることもあるかと思います。
そこで今回は「Windows7でIE8やIE9に戻す方法」をご紹介します。

私自身、何回もIE8→IE9→IE8、IE8→IE10→IE8と戻していて今のところPCに問題は発生していませんが、システムに関するところでもあるので全て自己責任でお願いします。
こちらでは責任が取れません。
また、どちらもシステムの更新・構成が変わるので、時間がかかります。
時間に余裕をもって挑んでいただきたいと思います。

本題の前にご注意!
購入時にIE9が入っていた場合、IE8が入りません

冒頭で「IE8やIE9」と書いたのには実は理由がありまして、購入時にIE9が入っていた場合、IE8は入りません。
弊社スタッフも先日それでがっかりしていました。
購入時に入っていたIEの調べ方を調べてみたのですが、見つかりませんでした…。
今のところ絶望的ですが、引き続き調査して分かり次第追記します。

ダウングレード方法

念のため公式のリンクも載せておきます。
Internet Explorer 9 をインストールまたはアンインストールする方法

手順1

スタートボタンからコントロールパネルを選択
15083101

コントロールパネルのプログラムにある「プログラムのアンインストール」を選択15083102

左メニューにある「インストールされた更新プログラムを表示」を選択15083103

手順2

検索窓で「Internet Explorer」を入力
15083104

手順3

 言語パックからアンインストールします。
(私は今IE9を入れているので、IE9を選択しています)
15083105

手順4

再起動したら購入時のバージョンに戻っています。

IE9のインストール方法

IE8が必要なようにIE9もまた必要なことがあると思います。
しかし今、IE9をインストールしようとすると下記画面が出てきてインストールできないようになっています。
15083106

わー今後IE9ユーザーが増えないようにしてくれてるんだー(*^o^*)とありがたい気持ちになるよりも、むしろバッドニュース!今必要なの!と思ってしまいますね。ティーブレイクをはさみましょう。
現段階でインストール出来るURLを載せておきます。
Internet Explorer 9 (64-Bit) (いきなりDLしますのでご注意を)
こちらもそのうちアクセスできなくなる日が来るかもしれません…。

最後に

 IE旧バージョン対応問題も後数年で解決するのではないでしょうか。(と思いたいです)
ちなみに生みの親に腐った牛乳と言われてしまったIE6、泣かされたこともありましたが、私は好きでした。戻したいかと聞かれたら答えは否ですけど…。

参考&関連サイト

この記事は、OHMATA が書きました。