プラカンブログSTAFF BLOG

2015.08.03

Google「モバイル フレンドリー アップデート」を開始!

モバイル フレンドリー

いいね!ではなく、ええやん!ボタンがあったらええやん!と思っている(三)です。

2015年4月21日にGoogle は、モバイル フレンドリー アップデートを開始しました。
これにより、モバイル版の検索結果では、モバイル フレンドリーなページの掲載順位が引き上げられるようになります。

モバイル フレンドリー アップデートの特徴

・携帯端末での検索の掲載順位にのみ影響する
・世界中のすべての言語で検索結果に影響する
・ウェブサイト全体ではなく、個々のページが対象となる

▼Google ウェブマスター向け公式ブログ
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/04/rolling-out-mobile-friendly-update.html

Googleは、Search Console ヘルプの「モバイルユーザービリティ」の中で、次の点で使い勝手を良くする必要があると公表しています。

・端末の画面サイズに合わせて調整される、定義済みの表示領域(「ビューポート」)。
・ユーザーが水平方向にスクロールしたり画面をピンチしたりしなくてもページ全体を表示できる、ビューポート内でフローするコンテンツ。
・小さな画面でも読みやすい、拡大縮小が可能なフォント。
・ボタンなどの要素同士が十分離れている、タップしやすい要素。
・モバイル対応技術を駆使した、視覚デザインとモーション。

▼Search Console ヘルプの「モバイルユーザービリティ」
https://support.google.com/webmasters/answer/6101188?hl=ja

Googleでは、モバイルユーザービリティを確認するツール「モバイルフレンドリーテスト」も提供しています。

▼「モバイルフレンドリーテスト」
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

さっそく使ってみることにしました。

「モバイルフレンドリーテスト」は、調べたいページのURLをフォームに入力して、「分析」ボタンをクリックするだけで、結果が表示されます。
弊社プラカン・ホームページのトップを調べてみましょう。

結果は…

モバイルフレンドリーテスト

残念ながら、「モバイルフレンドリーではありません」というメッセージが表示されました。
理由は、以下の4つが表示されました。

×テキストが小さすぎて読めません
×モバイル用viewportが設定されていません
×コンテンツの幅が画面の幅を超えています
×リンク同士が近すぎます

プラカン・ホームページは4~5年前に作られ、現在リニューアル進行中です。
上記4つの表示も改善のヒントとして受け止め、リニューアル発表いたします。
もうしばらくお待ちください!

次に、プラカンブログのトップを調べてみました。

結果は…

モバイルフレンドリーテスト2

じゃーん!!「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」というメッセージが表示されました。
表示を待っているあいだは、健康診断の結果待ちのような気分になりますね(・・;)

プラカンブログは今年の5月末に開始、レスポンシブWebデザインの導入でモバイルにも対応していますので、良い結果につながっているのだと思います。
(プラカンブログもデザインは暫定版ですので、現在リニューアル進行中です。)

「モバイルフレンドリーテスト」は、URLを入力すれば、誰もが結果を見ることができます。
今後、モバイル対応の依頼があった場合は、きっちりと「モバイルフレンドリーテスト」で問題ないかをチェックする必要があると思います。

かなりのスピードで進化を続けるGoogleからは目が離せませんね。。

この記事は、MIKI が書きました。