プラカンブログSTAFF BLOG

2015.08.24

「そろそろ、Gitしませんか? 」の巻

festisite_facebook

システムのまついです。
最近GitとかGitHubというワードをよく目にするかと思います。
これは、ファイルのバージョン管理システムの事です。
カタカナではそれぞれ「ギット」「ギットハブ」です。

一般にファイルを変更するときには、まず手元にバックアップ用のファイルのコピーを置いて、問題があったらいつでも変更前に戻せるようにします。
とても単純で確実な作業ですが、ファイルのコピーがたくさん出来てしまい過去にどんな作業をしたかは順次ファイルを開いて確認する必要がありました。
Gitを使うとファイルの状態を任意のタイミングで更新履歴として保存しておくことができるので、現在のファイルを過去の状態に戻したり、編集箇所の差分を簡単に表示確認することができます。
もう、プロジェクト終了後に何世代ものバックアップの処分に悩むことがなくなります。

古くからバージョン管理システムは使われていますが、使いこなすにはハードルが高く誤った操作が取り返しのつかないことになる事も考えられたので積極的ではありませんでした。
最近はとてもわかりやすいGUIツールや書籍、解説サイトも多くなりましたので、ハードルもぐっと下がり、システム開発者だけではなく多くの職種で使われています。
Gitが必要と思う人は是非チャレンジしてみてはどうでしょうか。

Gitを大好きになったデザイナーさんのブログ
http://blog.nanapi.co.jp/tech/2014/04/23/git-love/

私はBitbucketsourceTreeを使っています。

それからこぼれ話ですが、Gitをインターネットで調べていると左下のキャラクタがよく出てきます。
このキャラクタは、GitHubのOctocatですが、初期のTwitter Birdをデザインしたイギリス人デザイナーのSimon Oxleyの作品だそうです。ちなみにSimon氏はこのキャラクターをOctopuss(puss:猫ちゃん)と呼んでいたそうですが、GitHubのスタッフがOctocatと呼び続け、結局Octocat(タコ猫)になったそうです。

octocattwitter_bird

Gitおすすめ参考サイト
http://programmerbox.com/2013-07-17_git_summary/

この記事は、MATUI が書きました。