プラカンブログSTAFF BLOG

2015.07.28

「カード犯罪の被害者になった」の巻

Fw-Ps5

システムのまついです。
今回はカード犯罪の被害者になった話です。
先日、銀行からデビッドカードが不正利用された旨の電話が妻にあった。
数日前に犯人はインターネットショッピングを利用して楽器を買ったらしく、購入代金の10万円ほどが口座から引き落としされていた。
銀行がショップに連絡を取り、商品発送を取りやめさせたので実質被害が無く、後日返金してくれる事になった。

とりあえず、返金されるので妻も私もほっとしていたのですが、ひょっとして私もやられているのではと思って確認してみると、えーーーーーーーーーー。

みごと、やられてましたぁ。
うそやろーーーーーーーー

被害額: ¥202,420円

早々銀行へ電話をして、不正利用被害を訴えました。
後日、商品の発送を停止できたので返金処理される事になりました。

めでたしめでたし。でも、「なぜ、銀行は不正利用だとわかって電話してきたのか」という疑問が残ります。

銀行の説明では、6ヵ月以上利用履歴の無いカードが使われたので、調査をしたら商品の送り先が妻の住所と異なるので確認の電話をしてきたとの事でした。
ご冗談でしょ!、嘘ついてますね!

私も6ヵ月以上利用履歴はありませんが、銀行から連絡はありませんでした。

だから、別の理由でカード監視をしていたのではないかと思います。
あくまでも私の推測ですが、デビッドカードの情報漏えいがあって、漏れた事がわかっている番号を特別に監視していたのではと思います。
妻の番号はリストにあったけれども私の番号は無かった(回収できなかった)ので把握できていなかったのではと思います。

ニュースにならない情報漏えいが頻繁に起こっていることが銀行と話をしていてよくわかりました。

信じるか信じないかはあなた次第です

デビッドカードには気を付けてください!

この記事は、MATUI が書きました。